top of page

インタビュー:「自分の小説が日中の若者の異文化交流に貢献できれば」-習近平主席から手紙を受け取った日本の青年・中島大地さんに聞く

郭丹さん(アジア太平洋研06)の新華社記事,原文は中国語,本人の同意を得てここで転載。DeepLによる自動翻訳。

2021年1月9日、東京で開催された「国境のポラリス」のリーディング&シェアリングセッションで、中島大地はこの小説を紹介した。 写真提供:新華社通信 郭丹(Guo Dan


東京 2021年1月15日(新華社) -- インタビュー「自分の小説が日中の若者の異文化交流に貢献できれば」--習近平主席から返書された日本の若手小説家中島大地さんに聞く。


新華社「郭丹(グォ・ダン)」記者


「私の小説によって、より多くの日本人、特に日本のティーンエイジャーが他国の文化への理解を深め、日中のティーンエイジャーの異文化交流の促進に貢献できればと思います。」 出版社で編集者として働く中島大地は、先日東京で行われた『国境のポラリス』の読書会とシェアリングセッションで記者団にこう語った。


2019年、パンダ杯全日本青少年作文コンクールで優勝した中島さんは、大阪で開催されるG20首脳会議に出席する中国の習近平主席に、挨拶と日中友好のために善処することを伝える手紙を送りました。 習近平主席は返事を書き、両国の若者が両国関係のより良い未来を築くために積極的に貢献することを期待する、と述べた。 中島さんは深く励まされ、日米関係のより良い未来づくりに積極的に貢献することを自分の使命とする意志を表明した。


これが、中島さんの発言と行動である。 以来、留学サービス会社で中国人学生の日本の大学への出願を手伝ったり、来日したばかりの留学生に日本語を教えるボランティア活動をしたりして、余暇を過ごしている。


その過程で、中島は、留学生が日本に来て勉強や生活の面で苦労し、日本社会に溶け込むために努力していることを深く理解するようになった。 それを丹念に観察し、記録して、処女作『国境のポラリス』を書いたのである。


この作品は、幼い頃に母親と一緒に来日した中国人の少女が、日本社会に溶け込むために奮闘し、自分の得意分野を見つけ、多くの留学生を助けるうちに友達になっていくというストーリーです。この作品は、日本の権威ある出版社である講談社の第61回児童文学新人賞を受賞しています。


小説の中には、中国のポップソングやおしゃれな食べ物の要素も含まれており、読者はさまざまな国の文化や人々の生活を知ることができます。 審査員によると、「国境を越え、グローバルな視点で考えている」作品とのことです。


「日本の児童文学には、日本の子どもたちが困難を乗り越え、成功を収めるという作品は多くありますが、外国の子どもたちが登場する作品や、異文化交流をテーマにした小説は少なく、それが『国境のポラリス』の特徴なのかもしれません。」 中島は記者団にこう語った。


中島は「自分のルーツを忘れず、上手に異文化交流してほしい」と願っている。「コロナ禍の影響で、この2年間は日中両国の人々が出会い、交流する機会が少なくなっています。 日本の読者には、この小説を通して、海外のリアルで活気ある一面を感じていただければと思います。 今年は日中国交正常化50周年であり、将来、私の小説が中国語に翻訳され、両国の若者の異文化交流の促進に貢献できればと思います。」と述べた。


原文中国語編集者:王丹


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page