top of page

【10月9日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 昇る太陽、色とりどりの雲、そして肌寒い風。

 北京、晴れ、最高気温16度、最低気温5度、大気質予報指数16、空気良好。

 昨日、某大手インターネット企業から、まだ50歳にもならない幹部社員が28キロを走った後、突然の心停止でお亡くなりになったという悲しいニュースがありました。

 その時、人々は早すぎる死を深く悼んだだけでなく、長距離ジョギングに参加するべきかどうかという疑問を抱いていました。

 近年、プロではない愛好者がマラソンやハーフマラソン(半競技)のジョギングに参加することが増え、ジョギングは登山を抜いて国民的健康運動の1つになっています。

 私の周りにはハーフマラソンに参加している友人が2人いますが、1人は元陸上競技のプロ選手、もう1人はファッションを追いかけるのが好きなアマチュア選手です。 しかし、どちらも60代になり、ハーフマラソンに別れを告げました。

 この1年間だけでも、フィットネス施設のルームランナーで倒れた中年男性3人が突然心停止で亡くなっています。

 ジョギングは、血液を活性化させ、健康な身体機能を維持するための健康的な運動といえるかもしれません。 しかし、それは自分の体調に合わせて行わなければなりません。特に50歳を過ぎると、体のあらゆる面で調子が悪くなり、偏執的な逆行と頑固な我慢が、突然命を絶つという悲劇的な結果につながることもあるのです。

 青少年の頃は、私も健康のために長距離のジョギングを堅持するようにと教えられました。 冬の寒風吹きすさぶ朝、「脳を目覚めさせ、体を引き締めるのにいい」と、布団から持ち上げられ、1,500mを走らされたことが何度もありました。

 そう確信しながらも、50歳を過ぎてから走ることをやめました。 その代わり、酸素運動をして汗をかくまでウォーキングし、1日1万歩以上歩きました。

 これには、北京医科大学第三病院のスポーツ医学の専門医からも「膝を痛める」からと反対され、「1日6,000歩歩けばいい」とアドバイスされました。 今は体を動かすために1日2回6,000歩を歩き、膝へのダメージを軽減するために1つの姿勢や回数で長時間歩かないようにしています。

 長距離走もウォーキングも、健康のための運動方法です。 やりすぎ、はしゃぎすぎはかえってケガや死を招き、運動本来の目的とは正反対になります。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page