top of page

【10月8日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 早朝、靄(もや)がかかって帝都北京は闇に包まれた。

 北京、霞んでいる、最高気温19度、最低気温8度、大気質予報指数88、空気は良好?

 この2日間休暇を楽しでばかりで、10月6日という大事な日を忘れていました。 他人がどう思おうと、自分にとっては絶対に運命を変えた日だと言う友人がいます。

 これは友人一人のことではありません、かつてこの日に達成された偉業は、すべての中国人の運命を変えました。

 10年にわたる文革の災難の終結、不当な評価の是正、大学入試の再開、農村部での家庭請負、都市部での改革開放によって、急速に発展され、国が強く、国民が豊かになりました。 ですから、10月6日、そしてそれにまつわる人々や出来事は、決して忘れてはならないのです。

 46年経った今、人々は開発のスピードだけでなく、開発の質にも注目し始めています。 画期的だったのは、ノーベル賞に対する評価です。

 当初、中国の人たちは一般的に、ノーベル賞は遠い存在だと考えており、ほとんどの人が気にも留めていなかったのです。その後、何人かの中国人の科学者や文学者が受賞したが、彼らはアメリカやフランスの中国系であり、中国人の受賞者とは言えないというのが、同胞のほぼ一致した意見でありました。

 その後、本当の中国国籍の中国人が受賞すると、国民のかなりの部分が、ノーベル賞への畏敬の念から、軽蔑の念へと態度を変えました。 特に文学賞は、現実批判の作品は不謹慎な敵に弾丸を送るために祖国を中傷したと受賞者が売国奴であることを罵倒しました。また、別の女性科学者も同様に軽蔑され、科学のパンテオンに入ることを許されなかったのです。 一般の観客は、「なぜ、中国人の功績をノーベル賞で評価しなければならないのか」と、異口同音に疑問を口にし、ナショナリズム的国民の自尊心は山を飲み込むほどでした。

 しかし、今年は例年と全く異なり、早くもノーベル賞の開幕に国民の目が集中し始めた。 中国の優秀な作家がノミネートされると予想されていたにもかかわらず、最終的には中国人作家が受賞することはありませんでした。

 科学賞といえば、中国のどこかの大学の教授がノーベル物理学賞か化学賞を受賞したというのが報道の見出しに散見され、また、私が出版社はノーベル文学賞を受賞した!と出版社が大きな記事の見出しを出しました。 一目見て、「中国の大学の先生や作家がノーベル賞を受賞したんだ!」と大喜びでした。 その後、内容を読んでみると、「嘘!違う!」、ノーベル賞受賞者が、中国のとある大学の客員教授や名誉教授に就任していることだけ、そして文学賞はさらにとんでもなく、受賞者の作品の中国語版を出版しただけでした!それはその人が良い作家で、その作品が影響力を持つから中国語に翻訳していただけ、中国の出版社に何の関係があるのか?

 この無理やりな強引的関連付けは、SNSで冷笑と批判を招かれました。しかし、私は違う視点を持っています、ノーベル賞が中国の人々に再び尊重され、尊敬されていることがわかるので、これはとてもいいことだと思っています。昔々、中国のノーベル賞はまだ毒の存在であり、今再び認識と志を得る、幸せではないですか。ノーベル賞の受賞自体は目的であってはならない、ノーベル賞は、一種の客観的評価とインセンティブであるべきです、結局のところ、ノーベル賞は先進的な科学と将来の発展の方向性を表しているのです。

 木々が黄色に染まり、葉が落ち、冬が近づいています。 厚着をして、暖かいお茶を飲んで元気を出して、冬に備えましょう。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page