top of page

【7月30日 おはよう, 北京】

更新日:2022年7月30日

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 久々のグレーのスモーク。

 北京、曇り、最高気温32度、最低気温24度、大気質予報指数75、空気はやや良好?

 週末だし、もう少し朝寝坊したかったんですが、早朝、ビルの階下から女の子の泣き声が次々と聞こえてきました。 2000年に完成したこの高層ビルの遮音性能は、品質上の大きな問題です。 泣き声が聞こえるだけでなく、隣の人のトイレの動きさえ聞こえるのです。残念ながら、乾燥して硬くなり、もっと力を絞って・・・・・。

 朝早くから女の子が泣いている、どこかで具合が悪いのでしょうか? 母親は聞こうともせず、そこで「もう、泣かないで!泣くしかできないか!いい加減にしなさい!」と叫んでいます。「もう泣くな、泣いたら死んちゃうよ」 と言っているようなものです。 幼い頃、死ぬほどお腹がすいた、死ぬほど疲れたと言うと、すぐに親が「死ぬまで言うな」「くだらないことを言うな!」と叱責されました。階下の女の子の父親は、母親よりもう少し優しく賢そうで、「もう泣くなよ、泣くならオオカミが来るぞ」と忠告していました。 最近は、北京は環状七号線まで作り、河北省まで都市が拡張していて、多くの森が伐採され、多くの湖が埋め立てられ、どこからそのオオカミがやってくるのか?

 オオカミはもちろんのこと、今では、この「死」を除いては、多くの言葉やフレーズさえ消えてしまいました。私が大学にいた頃、近隣の国の人たちが北京に訪れる時、北京の流行語をいつも聞いてくれていました。「盖了帽儿了(素晴らしい)」「牌儿亮(かっこいい)」「没事儿找抽型(喧嘩を売っている)」など、最新の北京の流行語を調べていたことを思い出します。 その後、日本の書店で、「北京最新流行語辞典」が売られていたのを見かけました。

 最近、隣国の友人が北京に最新の流行語を集めに来ることはなくなりましたが、ネット上では新しい流行語が次々と生まれています。

 例えば、果酱(ジャム、発音はGuojiang)/過大評価、稀饭(お粥、発音はXifan、好きのXihuanに近い)/好き、斑竹(竹の一種、発音はBanzhu)/版主(スレ主)、群豚(発音はQunzhu)/群主(SNSグループ主)、民主/皿料理、皿煮(煮込み料理、発音はMinzhu)/民主主義、愛鍋(発音はAiguo)/愛国、などなどです。 さらに強力なものがあり、容姿に頼らない有能な女性を表す「恐竜」、イケメンでない男性を表す「カエル」などがあります。 もちろん、「尼玛」、「麻痹」、「特么」といった反則的なハーモニーは、友だち同士で自由に使うのはおすすめしません。

 最近、新しいインターネット表現として、「潤」と「舅(叔父)」というのがあります。「潤」は 潤いの意味ではなく、ピンインの表記は英単語Runと同じなので、逃げ出す、離れるという意味で海外移民を暗示します。 例えば、ある有名な経済学者が一貫して中国政府を支持する立場なのに突然上海はら海外へ移民した、それは「潤」だ、誰それが逃げ出したと言われます。 そして、「舅(叔父)」は、この2週間で生まれたばかりの新しい言葉で、貧しい人の苦しみを示すという意味です。 同時に、江西省には権力を誇示する金持ちの役人の二代目がいたので、「父か叔父か」という新しい四字熟語が生まれた。 もちろん、「不润则舅(逃げ切らなければ貧しい苦しみに陥る)......」という鋭い造語もあります。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page