top of page

陳独秀の日本留学の足跡をたどる

郭丹さん(アジア太平洋研06)の新華社記事,原文は中国語,本人の同意を得てここで転載。DeepLによる自動翻訳。


東京 2021年7月6日(新華社) -- 「なぜ私たち中国は外国に劣り、外国からいじめられるのか、これには理由があるはずだ、すべての国に行って調べてみる」と陳独秀は「救国の道」を理想に掲げ、1901年から1915年にかけて5回にわたって日本に渡航し、答えを探した。

私費留学のため、陳独秀は日本に体系的な記録を残していない。 1901年に初めて来日した東京・神田で、陳独秀はここの中国留学生会館に登録し、留学生組織「励志会」に参加した。

記者が京都大学人文科学研究所に保管していた文書に、当時の陳独秀の登録を拝見した。陳乾生、24歳、光緒27年(旧暦)10月、安徽省淮寧市、学校「東京学校」にて自費で来日した。



京都大学人文科学研究所に保管されていた中国留学生会の登録記録。 (写真提供:慶應義塾大学 長堀祐造教授)


1902年9月、陳独秀は二度目の来日を果たし、章太炎、鄒容ら愛国者たちとともに「青年会」を設立した。

1903年3月31日、彼らは長い間彼らを弾圧してきた清国政府の日本留学生監督官である姚文甫の日本家屋に押し入った。

陳独秀は姚文甫の三つ編みを頭の代わりに切って、束髪を留学生会館の梁に吊るした。




中国留学生会の古い写真。 (写真提供:長堀裕造「陳独秀―反骨の志士、近代中国の先導者」)


記者は、日中の専門家から提供された神田駿河台鈴木町18番地という住所を元に、中国人留学生会館跡地の神田駿河台2丁目に出向いた。 旧鈴木町の面影はなく、中国留学生会館も跡形もなく、ただ、ここがかつて鈴木町だったことを世界に伝えるかのように、鈴木ビルが建っているのみである。 歴史地図を持って歩いていると、「頭の代わりに髪を切る」という激高する瞬間を思い出し、歴史の物語が目の前で展開されているような気がします。

1907年の春、陳独秀は4度目の留学を果たした。 この間、陳独秀は正則英語学校に通い、2年余り本格的に英語を学んだ。 これは、陳独秀が日本に留学した5回のうち、最も長い留学期間であった。

それから100年以上経った今でも、学校は存続しているが、単なる英会話学校から私立の男子高校へと発展している。 学校の前にはたくさんのお祝いの垂れ幕がかかっていて、さまざまな活動で生徒たちが活躍する様子がうかがえます。 また、校舎の前には目立つ看板があり、「1896年10月創立、正則英語学校発祥の地」とはっきり書かれている。

陳独秀は在学中、革命的な思想を持つ中国人留学生や日本の社会主義者と広く交流していた。 帰国後の1910年には共著で「模範英語教本」4巻を出版しており、当時の英語学習への熱心さが伺える。



正則英語学校の前にある看板。 写真は新華社通信鈔文撮影。


1914年7月、陳独秀は章士釗の招きで、主に雑誌『甲寅』の編集のために5度目の来日を果たした。 同年11月、『甲寅』第4号に「愛国心と自覚心」を発表し、初めて「独秀」というペンネームを使い、この記事で「一躍有名になった」。 この中で、中国の人々は盲目的な「愛国心」は持っているが、近代国家を建設するための「自覚の心」は持っていないと批判している。

この記事は賛否両論あり、批判の手紙が雪のように舞い込み、甲寅は創業以来、かつてないほどの攻撃を受けた。

数ヵ月後、日本が袁世凱政権に21条による中国の完全支配を提案したことを知った人々は、陳独秀の「愛国心と自覚心」を理解し、当初の非難と抗議が受容と賞賛に変わった。

陳独秀は、「甲寅」の編集に携わる傍ら、より西洋の進歩的な思想に目を向けたいと、5回目の日本滞在中にフランス語も勉強した。

記者が見つけたのは、かつて陳独秀がフランス語を学んだアテネ・フランセ校だった。 当時の神田錦町から神田駿河台に移転している。 校舎もピンク、茶系の赤、メタリックシルバーをミックスしたモダンな建物に変更されました。 色調やスタイルは、無地で静かな日本の街並みの中で、ロマンチックでモダンなフランスの香りを漂わせています。

学校のロビーに入ると、フランス語と英語で書かれたさまざまな講義のポスターが目に飛び込んできます。 廊下に貼られた明治時代の神田界隈の古地図や、ラウンジに飾られた100年以上前の卒業式の写真などが、同校の長い歴史を物語っている。


現在のアテネ・フランセ校。 写真は新華社通信鈔文撮影。


陳独秀はフランス語を長く勉強したわけではなかったが、非常に熱心に取り組んでいた。 帰国後に創刊した『青年雑誌』の表紙を、フランス語の「la jeunesse」(青年)でデザインしたのである。

陳独秀の日本滞在について、日本の学者である慶応大学の長堀裕造さんは、「陳独秀は日本で日本語、英語、フランス語を学んだが、それは決して小さな収穫ではない」と述べている。 これらの外国語を学ぶことは、さまざまな国の新しい考え方を理解するのに役立った。 同時に、陳独秀は日本滞在中に多くの愛国志士と出会い、その多くは後に劇的な新文化運動の重要な勢力となった」。 (記者:郭丹、鈔文、冮冶、鄧敏)。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page