top of page

この日本の家族は、「覚醒の時代」の中国の志士たちの印を残している

郭丹さん(アジア太平洋研06)の新華社記事,原文は中国語,本人の同意を得てここで転載。DeepLによる自動翻訳。


東京 2021年7月21日(新華社)(郭丹瀋宏暉 記)

"高い友情は日月を貫き、誠意は幽鬼や神々を動かす" 1917年に毛沢東が書き、日本の社会運動家である宮崎藤平が宛てた手紙の文面である。 中国辛亥革命の先駆者である黄興との友情が描かれた文章である。

宮崎滔天は、日本の友人として、長年、中国革命を真摯に支持してきた。 新華社通信の記者がこのほど東京の旧宅に入り、宮崎家が一世紀にわたって大切にしてきた貴重な史料を通じて、中国の恩人の救済の跡に触れた。


東京の旧宮崎滔天邸の門。 写真提供:新華社通信


1871年、九州・熊本県の武士の家に生まれた宮崎は、大志を抱いて育てられた。 その後、孫文と出会って従い、中国革命を支持した。 また、黄興、宋慶齢、廖仲凱、何香寧らとも親しく、多くの中国革命家とも真の友好関係を結んだ。

中国宋慶齢基金会の孫暁燕所長は新華社に対し、宮崎家には宮崎と息子の宮崎隆介、孫文、黄興、廖仲凱、陳都秀、李達肇、毛沢東、魯迅、田漢ら100人近い中国の学者との文通や交流が残っていると述べた。


記者の取材を受ける宮崎滔天の重孫、宮崎黄石さん。 写真提供:新華社通信


中庭には、100年以上前に宮崎滔天が植えたヒノキの木が、今、天空に浮かんでいます。

パーラーに入ると、壁には孫文の筆跡で「心を押し殺せ」と書かれた額がかかっています。


旧宮崎邸の応接間には、孫文の直筆の額が掲げられている。 写真提供:新華社通信


宮崎滔天の重孫である宮崎黄石さん(74歳)は、一族が所蔵する貴重な史料を記者団に公開した。 毛沢東と友人が宮崎滔天に宛てた手紙など、遺品を保護するために封筒に封印されたオリジナルもある。


宮崎黄石さんは、記者に一族の歴史的資料のコレクションを見せる。 写真提供:新華社通信


また、宮崎家では、五・四運動後に李大釗が日本の社会運動家・吉野作造に宛てた手紙も所蔵している。 李大釗さんは、「私の国の青年運動は、本当に東アジアの侵略と軍閥に反対している......私たちは、暗い東洋に夜明けを見出すために日々祈り続けている」と書いています。 ですから、私たちも日々、武将の日本が民衆の日本に、侵略の日本が平和の日本に、暗闇の日本が夜明けの日本になるように祈っています......」と。

宋慶齢基金研究センターの李鵬研究員は記者団に対し、「この手紙は五四運動直後に書かれたもので、李大昭はこれを通じて、五四運動に参加した北方学生の日本への道を開き、海外の若い学生をエスコートしたいと考えたのかもしれない」と述べた。"



これは「宮崎滔天家蔵の民国人物の筆跡」です。 写真提供:宋慶齢基金会理事 孫暁燕氏


宋慶齢基金会研究センターでは、辛亥革命110周年を記念して、「宮崎家蔵の民国人物肉筆原稿」(全8巻)を編纂し、華文出版社から出版しました。

孫小燕は、これらの貴重な史料について「『覚醒の時代』に宮崎家と中国の数百人の革命家との交流の記録であり、中国の人物が日本で救国のために探求し続けた歴史の証言である」と述べている。

宮崎は、この本によってより多くの両国の若者がその時代の歴史を学ぶことができ、それによって両国の人々、特に若者たちの相互理解と信頼が深まることを望んでいると述べた。 (編集部:王申、孙浩、侯丽萍、贾小华、陈波)。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page