top of page

海外支部は定例会「海外分会十五夜」 を再開します

更新日:2022年7月4日

ウィズコロナ、気を付けながら活動再開へ



<translate for google >

最後の懇親会は2000年の新年会でした。その後、武漢への寄付、母校の学生への寄付、母校の登録稲門会の届け出の準備、幹事会の発足、ホームページ開設準備、WeChat公式アカウント開設準備、また、設立大会やその他の活動の準備は、残念ながらほとんどコロナ禍でオンライン開催或いは延期開催や中止になり、オフラインで活動する機会もありませんでした。

今回、東京都と母校がイベントの制限を一部緩和し、十分な感染予防対策を講じた上での開催が可能になりましたので、幹事会は2022年7月から対面での校友会の懇親会を再開することに合意しました(現在、ワクチンの3回接種が条件で、参加者は感染対策を徹底した上、場所の選定も換気と人口密度を考慮されます)。

中国人は人間関係を大事にし、懇親やイベントが好きで、旧暦八月十五夜の中秋の節句はその代表で、友人家族が集まり、お月見をしながら円満を祝ってきました。その家族や友人との団欒の意を借りて、再開した海外分会の定例会を「海外分会十五夜の会」と命名し、毎月第三金曜日に開催します(中国では星期五なので、3×5を十五夜に無理やり命名した)。今後、異国の地にいる中国人校友たちは、もはや一人でいる必要はなく、海外分会のホームページで会員登録するか、海外分会のAPPに参加すれば、700人以上の海外にいる中国人校友たちとコミュニケーションできます。早稲田大学の中国人校友たちと会いましょう。 「海外分会十五夜」では、稲門会の日本校友や中国の他大学の日本校友会等の友人も随時ゲストとして懇親会に招へいします。

会員参加のお申込みは、海外分会のこのホームページの会員登録後にイベント登録すれば済みます。ゲストとしてのご参加はイベントページでゲストの関係情報をご登録した上、お申し込みください。なお、ゲストの皆様は、ホームページ登録しなくても幹事に声掛けいただければ、参加できます。皆様にお会いできることを楽しみにしております。一人で寂しい思いをけっしてさせません、海外分会は私たちの最も暖かい家になります!

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page