top of page

なぜ、中国人ボランティアが日本で「ゴミ拾い」をしているのか? 行動は雄弁なり

郭丹さん(アジア太平洋研06)の新華社記事,原文は中国語,本人の同意を得てここで転載。DeepLによる自動翻訳。


東京 2021年1月3日(新華社郭丹 郭威) -- 毎月第1土曜日の午後4時から5時まで、東京などの路上で、緑のベストを着た人々が道具や大きな袋を持ち、一様にゴミを拾って処分している姿が見られるようになった。 ベストには、漫画のパンダの顔と日本語で「シャイニング・スクワッド」の文字が描かれています。 日本でのコロナ禍の中にも、このボランティア活動は続けられました。

"あなたの人生には、あなたを誤解している人がたくさんいるはずだ、反論する必要はない、行動で証明すればいいのだ。" 主催者の雅さん(仮名)は、このボランティア活動を始めたきっかけについて、記者にこう語った。



在日中国人ボランティアが環境美化のためのボランティア活動に参加しています。 写真提供:インタビュイー


この中国人の「80後(1980年代生まれの意味)」は、留学から就職まで10年以上日本に滞在し、2017年に埼玉県川口市の西川口駅近くに2号店の四川火鍋店をオープンさせた。

西川口駅周辺は「チャイナタウン」とも呼ばれ、7〜8割が中国系のお店です。 近年、日本のメディアはこれらの店の経済的活力を報じているが、いつも「地域のゴミ問題が心配だ」というコメントを添えている。

2号店をオープンしたとき、日本のマスコミの取材を受けるとは思ってもいなかった。

自分ではゴミを捨てないし、中国人の店ばかりが問題を起こしているわけでもない。しかし、雅さんは議論している時間がもったいない。 彼女は行動派です。

雅さんは中国で何度か献血をしたことがあり、留学中には3・11の東日本大震災で福島にボランティアに行ったこともあります。 「人助け」と「祖国愛」は、彼女が育ってきた価値観であり、守っているものだという。 だから、日本で中国人に対する誤解や固定観念があり、解決しなければならない問題が身の回りにあるのを見たとき、自分ができることをするのは「当然」だと思ったそうです。

彼女は早速、周りの中国人店主たちに、環境を良くするために協力し合おうと呼びかける手紙を書きました。

"自分が始めたことだから、自分でやる"。 2018年2月、雅さんは初めて一人で「ゴミ拾い」のために街へ出た。

「最初は、多くの人に理解されず、違う目で見られるかもしれません。 でも、私に欠けているのは勇気です。 人にどう思われようと、私はやり続けるだけです。 私を認識し、参加してくれる人がどんどん増えてきました。」



在日中国人ボランティアが環境美化のためのボランティア活動に参加しています。 写真提供:インタビュイー


一人のボランティアから始まり、今では西川口駅から池袋、上野、横浜など日本各地で200人以上の中国人ボランティアが活動するまでに成長しました。 ボランティア活動の規模も大きくなり、フットプリントも充実してきました。



在日中国人ボランティアが環境美化のためのボランティア活動に参加しています。 写真提供:インタビュイー


中国人たちの粘り強いボランティア活動は、西川口の環境に大きな変化をもたらし、NHK、共同通信、朝日テレビなど、日本のメディアにも取り上げられました。 放送後、日本の視聴者の中には、応援や感謝の気持ちを込めて、ハガキや手紙を書く人もいました。



中国人のボランティア活動に関する報道を見た日本の視聴者が、感動と応援の手紙を寄せてくれたのです。 写真提供:インタビュイー


日本人がわざわざ車を止めて、「ありがとう、よく頑張ったね」と窓を降ろしてくれることも何度かありました。また、子どもを連れて清掃活動に参加しているボランティアを見た地元のお年寄りが、寄ってきて愛おしそうに子どもの頭を撫で、子供たちをほめてくれることもありました。「あなたは素晴らしい」と言われ、心が温かくなりました。これらはボランティアの励みとなるだけでなく、在日中国人への認識にもつながると雅さんは考えていました。

「私たちはごく小さな活動しかしていませんが、この長期的な粘り強さによって、私たちの行動を通して日本の中国人の良さを日本の皆さんに知っていただきたいと思います。」

中国人のボランティアの行動は、自分たちの存在を証明すると同時に、近隣の人々にも利益をもたらしているのです。 チャイナタウン周辺の環境が改善されたことを受けて、地元政府はインフラへの投資を拡大することを検討しています。 また、西川口が毎年開催している商談会には、以前は中国の店舗はほとんど呼ばれなかったが、今では必ず招待状が送られてくるようになったと雅さんがいう。



在日中国人ボランティアが環境美化のためのボランティア活動に参加しています。 写真提供:インタビュイー


"パンダは中国の象徴であり、日本人もパンダが大好きです。" 中国人と日本人の両方が好きなこの絵を、雅さんはあえてボランティア活動のシンボルに選びました。

確かに近年、日本では中国人や中国に対するネガティブな報道が多く、日本人の中国人や中国に対する印象が悪いという世論調査のニュースも注目されています。 しかし、雅さんは、実践的な行動で誤解を解き、また、中国と日本の人々の相互理解が進むことを望んでいます。



在日中国人ボランティアが環境美化のためのボランティア活動に参加しています。 写真提供:インタビュイー


ボランティアチームの名前「シャイニング・スクワッド」のように、日本にいる中国人の「輝き」がもっと外に出てくるようにと、雅さんは願っています。

そして、このような「光り輝く場所」が増えていくことが、中日交流の大きなプラスのエネルギーになることを願っています。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page