top of page

【9月9日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 空は低い位置に霧がかかっていて、あまり清らかではありません。

 北京、晴れ、最高気温32度、最低気温18度、大気質予報指数61、空気良好。

 1926年に誕生したエリザベス女王は、96歳で亡くなられ、在位70年間でした。

 1948年11月14日に生まれた皇太子チャールズは、ついにその名を馳せ、新しいイギリス国王として即位しました。 1958年に皇太子となり、皇太子として最長の64年間を待ちました。 なぜ彼の誕生日である11月14日までよく覚えているかと言えば、私が同じ日に生まれたからです。

 私は、多くの同胞と同じように、先進国であるイギリスがなぜ王室を維持しようとするのか、よく理解できていなかったのです。

 ざっと調べてみて、まず、イギリスの司法制度や法規定は、すべて王室の尊厳の存在を前提に作られており、王室が廃止されれば、イギリスの法制度は消滅するといっても過言ではないことを知りました。

 経済的な面では、かつてイギリスは沈まぬ太陽の帝国であり、今日まで英連邦は海外にある54の独立国から構成されています。 同時に、英国は海外に、名目上および法律上、王室が所有するかなりの資産を有しています。 もし王室が廃止されれば、これらの資産は正当な所有者と権益を失うことになります。

 最後に、文化的な面では、王冠はイギリスの国教の象徴です。 イギリスの国教はキリスト教の原三派の一つである英国国教会派であり、この国教によってイギリスは数ある宗教派の中で純粋に支配力を持ち、ピューリタン派を含む否定や攻撃からさえ保護され、イギリス国家の精神的支柱となってきました。 王室が廃止されれば、英国の人々や英連邦54カ国の人々は、精神的な支えや慰めを奪われることになるのです。

 この3つの側面が、英国が立憲君主制を実現するために王室を保持した理由です。 もちろん実際には、イギリスは二大政党制の選挙制度で、多数党の党首が首相を務め、実際に国民や社会のためになる政府を形成しており、王室の存在は国民統合の象徴に過ぎないのです。

 2016年夏には英国を訪れ、バッキンガム宮殿前の「巡礼」と、ロイヤルガードと軍楽隊の公演を見学しました。 正直なところ、王室の威厳は十分あるのですが、それでも東洋の皇居と比べると、ちょっと豪華絢爛さに欠けますね。

 エジンバラで、女王の夏の離宮を訪れたとき、女王の衣装のデザインが展示されていたのですが、スタイリッシュで華やかでありながら、東洋の帝国の一角の王室の女性のドレスよりもはるかに控えめであることに気づきました。

 英国および英連邦の国民に愛され、世界の人々から尊敬されてきた女王は、70年にわたり君臨し、今、その姿を消しました。 今日は9月9日、毛沢東主席の46回目の命日です。 41年間主席を務め、83歳でついにこの世を去りました。

 どんなに頂点に立った人でも、いつか身を引いて逝かなければならないようです。

 もちろん、誠実に自然の摂理と付き合うというのは、私たちが受け身になることではありません。 ロマン・ロランは、世界の彼方を見つめても、人生を愛せということを言ったのではなかったのでしょうか。 もうすぐ中秋節、お月見と月餅を楽しんでみてはいかがでしょうか。 ところで、月餅には脂身の多い肉の餡が入っているのですか。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page