top of page

【9月6日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 昇る太陽、霞、青い空、北京の秋は本当に素晴らしい。

 北京、晴れ、最高気温29度、最低気温15度、大気質予報指数26、空気良好。

 四川省蘆定地区で発生した地震により、46人が死亡し、大きな物的損害が発生しています。 今年は、初夏から四川省や重慶地方がまず高温に見舞われ、電力制限や産業の操業停止を余儀なくされ、人々の暮らしに影響を与えました。 四川省、重慶市の人々、特に蘆定の人々が、再び強い地震に襲われ、まだ窮状から抜け出せずにいることを祈っています。

 蘆定には大渡河があり、川の上にある蘆定橋はかつて有名な戦場でした、蘆定の人々に乗り越えられないハードルはなく、渡れない川はないと確信しています。

 今朝は、もう一つのテーマについて、冷静に考えてみたいと思います。

 稲盛和夫氏の死後、"中国のメディア/SNSの賛辞の勢いは日本よりはるかに大きい "と言われています。

 多くの人は、客観的かつ合理的に "稲盛和夫は確かに偉大なビジネスマンであり、同時に計算高く経験豊かな人物であった "と言うでしょう。

 稲盛和夫氏の存在を神格化する必要があるかどうかは別として、プロからのアドバイスには耳を傾ける価値があります。 冨山和彦氏は元産業再生機構のCOOで、以下は彼自身のFacebookの投稿から。著名な投資評論家の孫達夫氏がGoogle翻訳を利用して中国語化、ここにそのGoogle翻訳の中国語を再びDeepLで日本語に自動翻訳しました、原文ではないです。

 冨山和彦氏による以下の記事は、あくまで参考としてご覧ください。

 「稲盛さんが亡くなったときに牛丼で接待とかのええ話がいっぱいメディアに出回りました。しかし、本当の稲盛和夫のポートレートには、ベジタリアンのオヤジではない実利的なビジネスマン像(このコメントが好きで好きでJALのリーダーをお願いしました)と、ちょっと人工的なアイコン的像(自分に合わせたショーがある!?) . 表面的なジャーナリストは後者に惹かれるし、社会的にも人気があるので、この一連のレポートはほとんど後者に偏っている。

 しかし、超絶金満で計算高いビジネスマン像と、神を敬い人を愛し利他的で、王の義に溢れた神話的人物像とでは、前者はそれ自体が目的であり、後者は道具、ビジネスマンとしての自己制御や従業員の精神管理を実現するための道具だが、それが何度か変容した後、最終的には循環型経営論者の像となる、という観察に思えるのです。

 これは、松下幸之助と非常に共通するもので、私が尊敬する稲盛さんは、本当に素晴らしい方です。 私自身は、その二面性、矛盾したスタイルのオペレーターを同時に持つことは難しく、特に自分を神格化すると同時に、周囲から神格化されるということは、私には到底できないことです。 だから、決して真似をしようとは思わなかった。 だから、稲盛さんにJAL(日本航空)の再建をお願いしに行ったんです。

 牛丼の話題も似たようなものです。 私も、2万円の懐石料理と500円の吉野家牛丼の差は、味や満足度では40倍もないと思いますし、稲盛個人にとっては(2万と500は大差ない)誤差の範囲ですが、お客様に対するパフォーマンス効果や経営を語る材料として、吉野家はその(低い)値段で利益を出し続けていますし、それは 倒産の敷居を越えた吉野家は、貴重な語らいの場。 私が見る稲盛さんは、そんな計算高い、超実利主義者です。

 よって、(私のこのコメントは)みんなの夢を壊す、KY(空気が読めない)コメントと思われてしまうので、今回は取材の依頼は全てお断りしました(^-^)v。

 合掌をする。」

-- 冨山和彦


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page