top of page

【9月5日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 東から太陽が昇り、空は陽光に満ちています。

 北京、晴れ、最高気温29度、最低気温13度、大気質予報指数14、大気良好。

 昨夜、私は人生の最初の18年間が過ごし、成長した場所に戻り、幼なじみたちとテーマや制限のない精神的な集まりをする貴重で素晴らしい夜を過ごしました。 帰りに秋の夜景を撮影し、友人たちに投稿しました。 まさか22時過ぎになるとは思いませんでしたが、それでも何十人もの友人が「いいね!」をつけてくれたので、ちょっとお世辞でも嬉しいですね。

 店名はヨーロッパのファッション都市にちなんだある洋菓子屋さんが検索トレンドに登場し、当社のオフィスビルの1階にもあることが判明しました。サラリーマンたちの朝食やおやつになることは確実で、パン、ペストリー、コーヒー、ホットドリンクなど、どれも絶妙なおいしさです。 ヨーロッパ風の店名とは裏腹に、韓国の会社のようですね? 韓国ドラマに登場したと言われ、現代の若者に人気のある都市文明のシンボルですね。

 町にコロナ陽性確認者が出れば、余儀なく街を封鎖/都市をロックダウンされます。この洋菓子屋さんはトレーニングセンターを明け渡して、ロックダウンエリア外の家に帰宅困難なスタッフに滞在場所を提供しました。 その間、スタッフの食事や、買い物が困難な近隣住民への食料支援としてパンやお菓子を焼いて販売した、売ったと言っても数カ月でわずか数万元しかなかったような慈善活動でした。

 コロナの流行が落ち着いた頃、当局が検査したところ、このトレーニングセンターには食品流通の営業許可がないことがわかり、売上の10倍を罰金されました。

 この動きは怒りを呼び、ほぼ全土の住民がインターネット上で不快感を表明しただけでなく、連帯感を示すために同チェーンの店舗に食べ物や飲み物を買うために長い列を作って買い物で声援しました!

 この動きに驚かされた当局は、「世論を尊重し、罰金の是非を再考する」との声明を発表しました。

 コロナ流行時には、物流や買い物が難しく、洋菓子屋さんは自助努力で生産するだけでなく、近隣住民の支援も行っていました。 無免許で営業していたとはいえ、差し迫った問題を解決できたのだから、わざわざ罰金を取る必要はないのでは? その革新的な仕組み、国民への献身、勇気と才覚は賞賛されるべきであり、奨励されるべきであると思います。

 ひとつ理解できないのは、滅菌のための不法侵入、ワクチンの強制投与、重症患者への対応不徹底など、不正や法律違反まであるのに、なぜ善良な人を選んで懲罰するのですか?

 現任期の国民たちは英雄だけど、現任期の〇〇はあまり良くない、と言う人もいますが、どうやら本当のようですね?


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page