top of page

【9月30日 おはよう, 北京】

更新日:2022年10月4日

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 3日連続で靄に覆われ、明るみを見るのも難しい状況です。

 北京、かすんでいる、最高気温31度、最低気温17度、大気質予報指数158、中程度の汚染です。

 昨日は9月29日、50年前の9月25日から30日にかけて、新中国と敵対関係にあった日本は、田中角栄内閣総理大臣を団長とする和親使節を中国に派遣した。 共同コミュニケに署名し、それ以降、日中間の国交は正常化しました。

 同年2月21日、アメリカのニクソン大統領は、強硬な同盟国である日本への事前通告なしに中国を訪問したと伝えられていました。 ニクソン大統領は、北京で周恩来首相に、日本人が好むお辞儀の仕方を真似て、軽蔑の念を表したほどでした。

 ニクソンの訪中を知った日本は、かなり戸惑って、後者が先者を追い越す大決断をしました。 田中角栄は、訪中によって氷を砕いただけでなく、中国と直接国交を正常化し、単なる米国の砕氷の旅の仕様を超えていました。

 日中間の国交正常化には、台湾問題と戦争賠償問題の2つが大きな障害となっていました。

 台湾問題は、米中の三つの共同コミュニケが先行していたので、日本もそれに倣って、北京が中国の唯一の正統な政府であり、台湾は中国の不可分の一部であることをあっさりと認めてしまいました。

 問題は、第二次世界大戦後に日本が中国に支払うはずだった「戦争賠償金」にあります。 事前の試算によると、1945年に日本が中国に与えた財産被害は約500億ドルで、1972年に日中国交正常化協議を行った際の戦争賠償金は、当時の為替レートからすると約1700億人民元となるはずです。

 戦後間もない頃、日本は荒廃し、戦争賠償金を支払う余裕もありませんでした。 中華民国政府は、米国の仲介により、戦後の中華民国の経済発展の回復のために、20年間にわたり年間25億米ドルの米国の経済援助を受け入れることを決定し、その見返りとして、中華民国政府は日本に対する戦争請求を放棄し、蒋介石はこれを「徳をもって恨に報いる」と呼んだのです。

 1951年9月、サンフランシスコで戦勝国は日本と平和条約を結び、戦時中に日本が占領した領土の返還など、戦争で残されたさまざまな問題を解決しました。 1951年、すでに新中国が成立していたが、サンフランシスコ講和条約は新中国の代表者の参加を排除していたため、中国大陸ではサンフランシスコ講和条約を欧米と日本との単独講和と呼び、その法的条件と地位を認めませんでした。

 田中角栄の訪中に先立ち、日本の与党内や政界の右派勢力、世論の一部には、日本が北京の戦争賠償要求にどう向き合うかについての疑問や懸念がありました。角栄は、中国と親しい社会党や公明党の党首に中国訪問を依頼し、北京のボトムラインを探らせました。

 当時の中国は、米ソの二大勢力に挟まれ、日本を含む欧米先進国との接触がほとんどない状態でした。 孤立した国際情勢を打破し、ソ連に包囲され堕落する危機から逃れるため、また中国の将来の近代化のために、毛沢東主席と周恩来総理は情勢を鑑み、遠大な視野と広い心をもって、新中国は同様に日本に戦争賠償を請求しないことを日本側に約束しました。 しかし、中国側は、日本が中国の近代化に積極的に参加することを要望しました。9月28日、毛沢東主席は田中角栄首相と会談し、9月29日には日中両国は共同宣言に署名し、日中間の国交は正常化を再開しました。

 その後、中国と日本は、日本政府による中国支援のための円借款の具体的な計画について話し合い、署名しました。これは、中国がこれまでに受けた最も早い、そして最大の海外経済支援であり、第1回目は300億円にのぼります。

 日本円借款は、病院、医療機器、空港、港湾、水利事業、高速道路、鉄鋼基地、化学基地、森林再生、敦煌の物質遺産保存など数千のプロジェクトを建設し、中国の近代化に大きく貢献しました。

 1998年、中国中央テレビの「経済30分」番組は、円借款実施25周年を記念して、中国の公式メディアとして初めて円借款による各種プロジェクトを紹介しました。 日本の評論家は、毛沢東主席と周恩来首相が戦争賠償を放棄し、中国の近代化に日本を参加させたことを、他に類を見ない巨大な政治的英知と評しています。

 ニクソンと田中の相次ぐ訪中は、当時の国際社会における中国の窮状を打破し、励ましただけでなく、今後の中国の改革開放への道筋をつけ、その基礎を築いたのです。

 昨日夕方、東京で行われた日中国交正常化50周年記念式典に、日本で最も人気のあるフィギュアスケート選手で、中国でのオリンピックチャンピオンでもある羽生結弦選手が、ダークスーツに赤いネクタイ姿で出席しました。 中国語でのスピーチでは、今後50年間、日中両国の平和と友好が続くことを祈念していると述べました。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page