top of page

【9月28日 おはよう, 北京】

更新日:2022年10月4日

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 靄(もや)が街を覆い、本来なら真っ赤に輝くはずの朝日をオレンジ色に染めている。

 北京、霞んでいる、最高気温30度、最低気温16度、大気質予報指数127、大気汚染あり。

 北京では5年ごとに成果展を開催し、そこに指導者が勢ぞろいして見学し、団結力をアピールしているようです。

 昨日、隣国日本では暗殺された安倍晋三元首相の国葬が行われ、200以上の国と地域が代表者を送り、中国は中国人民政治協商会議の万鋼副主席を派遣し、安倍首相の国葬に参列しました。

 今回の葬儀外交はかなり注目されたので、少し私見を述べたいと思います。国家指導者第一ランクの国家副主席が参列したエリザベス二世の葬儀とは異なり、故首相の葬儀には国家指導者第二ランクの中国人民政治協商会議の副主席が参列しました。 個人的には、女王は現在の国家元首であり、70年間も政権を担っているのだから、国家副主席を派遣するのは当然だと思うのです。

 一方、安倍晋三は総理大臣を引退し、8年間政権を担当した元政府首脳であるため、葬儀に中国人民政治協商会議副主席を送ることは、日中関係の重要性を示す素晴らしいジェスチャーであったと言えます。

 アメリカでは、女王の葬儀に参列したのはバイデン大統領であり、安倍首相の葬儀では、普段はほとんど声を出さないアメリカ副大統領が参列した。 女王の葬儀には、日本の国家元首である天皇と政府元首である首相がともにロンドンに駆けつけ、葬儀に参列しました。 今回のイギリスはメイ元首相を派遣、スペックはかなり低めです。

 多くのソーシャルメディアは、日本の国葬は国際社会から相手にされないと揶揄しているが、個人的には異論があります。 ベトナムからは大統領、シンガポールからはLee Hsien Loong首相、韓国からは首相が派遣されました。 その最たるものがインドのナレンドラ・モディ首相でしょう。彼は英連邦諸国の政府首脳として、自国の国家元首である女王に別れを告げるためにロンドンには行かず、東京にやってきて自分の気持ちを表現したのです。 その理由は、安倍政権時代に日印関係がピークに達していたこともさることながら、日本がインドに提供した経済援助が侮れないからでしょう。 日本企業もインドに工場や産業を立ち上げようと躍起になっているのだから、モディはその恩返しを考えたのでしょう。

 安倍首相の突然の暗殺は、しばらくは国民の同情を買ったのです。 数日前に行われた安倍首相の家族葬では、何万人何千人もの人々が道に並んで見送り、柩の行く先々には献花が満たされました。

 岸田内閣が安倍首相の国葬を再び行うことを決定したとき、日本国民から広く反対意見が寄せられました。 マスコミの世論調査が行われ、76%の国民が国葬に国民の税金を使うことに反対したそうです。 また、安倍夫人は「国がコロナ禍と戦い、国民が所得減にあえいでいる時に国葬を行うのは不適切だ」と指摘したそうです。

 一方、岸田首相は、国葬を行う理由として、第一に安倍首相が戦後最長任期の首相であったこと、第二に安倍首相在任中に経済が発展し、国民が総じて恩恵を受けたことを挙げました。

 どちらの理由も正しいが、まだコロナパンデミックが完全に終わっておらず、国民経済も回復していないのに、国葬を行うべきだろうか。 岸田内閣は、広く強い疑問にさらされ続けていました。

 昨日、国葬の会場である武道館周辺では、数万人の人々が関連法律のデモの申請に基づいて抗議デモ行進を行い、横断幕を掲げ、スローガンを唱え、歌い踊りさえあった、進行中の安倍首相の国葬に対して断固たる反対を表明しました。 警察がデモ行進を随行、一時は警察と市民が押し合いへしあいになるなど、混乱が生じた場面もありました。

 戦後最長の首相として、とりわけ経済発展に目覚しい貢献をした政府のトップとして、この暗殺で逝去した安倍さんの一生が高く評価され、懐かしく思い出されるのも無理はない。 しかし、一般的に国民所得が減少し、景気回復に苦慮している現在、国葬の必要性には疑問があるでしょう。

 そして、国民の76%が世論調査で反対を表示し、何万人もの人々が抗議のために街頭に立ったという事実は、この国の主導権が本当に国民にあることを反映しているように思います。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page