top of page

【9月27日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 朝日が灰色の空を赤く染めている。

 北京、霞んでいる、最高気温30度、最低気温15度、大気質予報指数156、空気汚染は中程度。

 時折、霞がかかったような天候に見舞われるものの、北京の秋は一年で最も良い季節です。 今年の収穫と来年の希望の両方があります。

 馬光遠氏は、国内外の経済情勢について独自の観察眼と思考を持つ若手エコノミストとして知られています。 彼は李光曦の「乾杯の歌」が好きで、あの理想郷の時代が好きだったのでしょう。 しかし、私が知る限り、彼が1970年代生まれで、あの頃はまだ数歳だったはずです。 私たちはあの時すでに高校2年生で、過去はまだ記憶に新しいところです。

 その年の10月、街や社会全体が神秘的で、誰もが秘密を抱えているようで、見つめ合う目は「ファシズムを破壊せよ、自由は人民のもの」という暗号で会見しようとする地下労働者の表情で溢れていました。

 そして、お酒が市場から消え、北部の人たちが実はあまり気にしていない毛ガニも市場から消え始めました。 そして、彼らは皆、深遠で明白な象徴性を持つように、セットでオス3匹とメス1匹を購入したのです。 そして、後にすべてが公になり、街では祝賀のパレードが行われ、秋には新しい秩序、新しい社会、新しい時代が誕生したのです。

 秋には多くの美しい伝説があり、互いに矛盾するメッセージさえあるが、信頼できるのは海の向こう側の国との関係改善、そして、日本と韓国との関係改善、さらに、何といっても11月のドイツとフランスの首脳が訪問してくるでしょう。

 ある新聞社の引退した編集長は、非常に鋭いので、すぐに自分のSNS番組で、ウクライナでの特別軍事作戦で北の隣国が敗北するのは確率の高い出来事だと言い、その結果、プーチンが退位させられるのも確率の高い出来事だとまで啖呵を切ってしまったのです。 しかし、ロシア語を勉強していた退職した編集長は、以前、北の隣人と同じような境遇にあったことがあります。

 バカなのは何人かの大学の教員のようで、まるで情報弱者であり、今日に至るまで、彼らは自分たちのSNS番組で、対立、介入、国民投票などに関するナンセンスの決まり文句でいっぱいです。

 引退した編集長並みに早変わりしたのはネット民の信頼を失ったネットインフルエンサーの市民公民居民さん、彼はもはや慇懃無礼で気取った国内外情勢の分析者ではなくなり、ナショナリズム的な言葉で世界を評論するのをとりやめ、自分自身の記憶力が落ちていることを認め、放送中は常に原稿を見ていないとコメントすら覚えられないという。 彼は、SNS番組で自分がアルツハイマー病であるとはっきり言いました。 長年粘り強くネットの世界で弁解してきたのに、突然どこにもいなくなる...ここの設定は深いですねー。

 私は風見鶏に賛辞を送り、両方向を見ることを奨励するものではありませんが、ニュースになるのであれば、手がかりを見ることができなければなりませんよね。

 注意深く毎日CCTVのニュース番組を見ると、何が起こっているのかがわかるようになります。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page