top of page

【9月26日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 厚い靄が芳醇な黄金の秋を覆い隠しています。 半袖の服を全部クローゼットにしまいたかったのですが、実は今週は数日間に渡って30度前後で推移しています。

 北京、晴れ、最高気温28度、最低気温13度、大気質予報指数83、空気良好。

 昨日は幼なじみたちと月一回の夕食会、温かい料理15品、冷たい料理6品、餃子1キロ、ご飯大鍋、トマト卵麺大鍋、それで一人平均60元弱だから、本当にお得です。

 時が経つのは早いもので、9月も下旬になり、1年の3分の2が過ぎました。 食事会の話題は間違いなく10月の連休にどこへ行くかということでしたが、北京発着のチケットはすべてほぼ完売しています。 年配の方は、家にいるだけでは気が済まないようでした。 北京郊外の民宿がみんなの注目の焦点になり、3,000元一泊と300元一泊の民宿は何が違うのだろうかと思いました。

 話をしているうちに、自然と1976年9月のことが思い出されました。 当時、先輩たちの何人かは陝西省北部か黒竜江省の嫩江で農業をやっていて、私の同輩はまだ高校生か中学生でした。

 その月は指導者が去ったばかりで、国中が手探りの状態で、今後の中国はどうなるだろう、大人も子供もパニック状態だったようでした。

 その年の10月以降は秋が高くなり、金色の収穫物に覆われる国土が生き生きとし、生活も豊かになってきました。 指導者の後継者のリーダーたちは、国民の窮状をよく理解し、今日まで十分な食料と良い衣服のある社会と国を導いてきたように思います。

 こんな話をしているうちに、幼なじみたちは釈然と目がぱっとひらけるようになり、食事も安くて美味しいし、汾酒もワインもおいしくて、この食事会はガソリンの給油か充電スタンドのようで、悩み、迷っていた老人たちに新鮮なエネルギーを与え、また着実に進むことができるようになりました。

 10月の夕食会は、来月末に予定されており、皆で楽しみにしています。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page