top of page

【9月24日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 風はあるが、空が洗われたように見えるが、どこから水が出ているのだろうか。

 北京、晴れ、最高気温27度、最低気温12度、大気質予報指数28、空気良好。

 今日は土曜日ですので、風と雨の話を少しした方がいいかもしれませんが、昨日の午後はかなり盛り上がりましたので、今朝は国際的な技術交流のニュースを少しご紹介しようと思います。

 以前、『おはよう北京』で、新エネルギー車のパワーバッテリの試験技術について、国内企業と日本の金融投資機関が交流し、私たちがファシリテーターとなった話をしましたね。

 昨日の午後、日本の金融投資機関は、日系企業のパワーバッテリ分野の有名な大手企業と国内の有力な自動車技術研究機関、技術応用企業を集めて、またオンライン交流会を開催しました。

 日本の企業は、試験前にデータ準備の面で多くの準備をする必要があり、試験時間が非常に短く、結果を十分に検証できないため、日本の電池試験技術の設計経路が中国の類似技術と異なることを最初に知りました。

 一方、中国技術は、基本的に事前のデータ蓄積を必要とせず、単細胞の試験時間が長いだけで、市場性のある商品化のレベルアップが必要です。

 日本のヘッドカンパニーが開発途中の技術を中国側に紹介したり、中国の研究機関やトライアルカンパニーが自らの経験を日本に紹介したりしています。

 日本の大手企業が中国市場のニーズやユーザー体験のフィードバックを理解し、双方が好意的な態度を示しています。 国内の研究機関や技術応用企業も、海外から同様の技術を学んでいるが、どの程度進んでいるのか? どこまで進化したのか? 同じ世界、同じ分野で何が起こっているかを理解するために、交流が必要であることは両者とも認めているのですね。 停滞したり、技術を棚上げして市場に出さないのは得策ではありません。

 2時間近いオンラインでのやりとりは、お互いに未来への希望に満ちた出会いの予感を感じさせてくれました。 双方は、さらにコミュニケーションを続け、協力の機会を模索することに合意しました。

 北京の国貿地区、上海の陸家嘴地区、広州の天河地区、深センの福田地区では、このようなネット上の交流が後を絶ちません。 まだ対面でのコミュニケーションはできませんが、インターネット通信技術によって、遠く離れた人たちをごく簡単に近くに呼び寄せることができるようになりました。

 9月22日午後、李克強総理は中南海の紫光閣で日本経済団体連合会などとテレビ会議を行いました。 李克強首相は、「経済貿易協力は常に日中関係のバラストでありプロペラである」と指摘しました。 「中国と日本は補完的な経済的優位性を持ち、二国間貿易は近年過去最高を記録し、2021年には3700億米ドルを超え、相互協力は強い弾力性と可能性を示しています。 中国は日本側と協力して、両国の全方位、広範、多層的な協力の質と向上を促進することを望んでいる。」と述べれられました。

 秋がすでに来ており、実りの収穫は遠くなりにけり。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page