top of page

【9月23日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 夜風が空を乾かし、大地を冷やし、秋のお彼岸に備え、衣類を余分に用意しましょう。

 北京、晴れ、最高気温25度、最低気温10度、大気質予報指数11、空気良好。

 昨晩、草場の友人に会いに行った際、偶然にもアメリカ大使館(写真7)の前を通りかかりましたが、三重の鉄柵と多くの警察官が警備しているため、立ち入ることはできませんでした。

 私が初めて海外のアメリカ大使館に入ったのは、35年前、隣国の首都にある虎ノ門というところでした。 米国で博士号を取得するために留学したいと渡航目的で報告したところ、米国大使館のビザ担当官から「米国の入国管理法214条に違反し、深刻な移民傾向がある」と断られました。 その頃、シカゴやソルトレイクシティに住む友人たちは、すでに学校や住む場所まで連絡を取ってくれていました。

 2回連続でビザが下りず、いくら留学することを示す情報を提出しても、受け入れてもらえない、理解されないということがありました。 そのビザ担当者は、中国人移民傾向者を止めるために北京から東京に赴任してきたと言われるハゲの男だったことを今でも覚えています。

 仕方なく、博士課程に進むという進路を捨て、日本で働くことを選びました。 アメリカは灯台のような国ですが、全然照らしてくれないんですよねー。

 それから30年後、私はオハイオ州にいる娘を訪ねて、北京のアメリカ大使館に行きました。 黒いスーツを着た、上品だが厳しそうな女性のビザ担当者は、私の申請書をめくりながら、会話のように見えて実は質問をしてきました。

 「米国へのビザを申請したことがありますか?」と聞かれました。「はい」、「なぜ取得しなかったのですか?」、「214だそうです」、彼女は笑った。「プロフィールに博士号取得を目指すと書いてあるじゃないですか」、「そうです。」、 彼女は首を横に振りながら、「それならビザ拒否のはずないですよ!」と言った。 私は「まあ、1989年ですから」と付け加えると、「あ、そうか、そういうことですね!」と目を見開きました。

 「今回は10年の往復ビザを出すから、アメリカでの旅行を楽しんでね!」とスタンプを連発し始めました。 え? 実は、そんな面倒な申請はせず、アメリカにいる間に娘に会いに行こうと思っていたんです。 それが、まるで絵に描いた餅のように、10年間のマルチビザであることがくれました。

 それ以来、私は外国にある灯台国の領事館について考えを改め、非常に人間的であると思うようになりました。

 シカゴに到着した日、入国審査官が私のパスポートの写真を首をかしげながら見つめ、「いやいや、前回来たときは赤毛だったでしょう。」 彼は笑いながら、「それは冗談だ!」と言いました。 私はただただ安堵のため息をつきました。

 苦労して取得した10年のマルチビザを大切にし、年に一度は自由旅行やディープな旅、友人との出会いのために行きたいと思いました。 その結果、周知の通り、私は3年間、国外に足を踏み入れていませんでした。

 国連総会出席のため米国に滞在中の中国共産党の外交高官は、中国の改革開放の決意は確かであり、中国と米国が協力と多国間協調を強化する意思もあると表明しています。

 この「確かなもの」の恩恵を受け、一刻も早く海を越え、彼岸の地に行けることを心から願っているのです。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page