top of page

【9月22日 おはよう, 北京】

更新日:2022年9月23日

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 太陽が昇り、大地は薄っすらと霧に覆われています。

 北京、曇り、最高気温27度、最低気温12度、非常に寒い、大気質予報指数52、空気は良好。

 イランでスカーフのかぶり方をめぐり逮捕された女性が警察に暴行を加えられて死亡しました。 その結果、イラン全土で大規模な抗議デモが発生し、人々は街頭に出て、スカーフを燃やし、強い正義の怒りを表現しました。

 私がイランを意識するようになったのは、1974年、テヘランで第7回アジア競技大会が成功裏に開催されたときです。

 中国本土から大規模なスポーツ代表団が国際舞台に出場するのは、1949年以来初めてのことでした。

 文化大革命はまだ終わっていなかったが、アジア大会には北朝鮮、韓国、日本、イスラエル、トルコ、インド、パキスタンなどアジアの強豪が初めて集結し、中国選手団はそれでも金メダル数で2位、総メダル数で3位という成績を収めました。

 今の若い人は知らないかもしれませんが、当時の中国のヒーローは射撃、飛び込み、体操、卓球、バドミントン、三段跳びで、李孔正、鐘秀珍、鄒振先など多くの優れた選手が、今の全紅嬋、孫穎莎のように一夜にして有名になりました。

 当時はテレビの生中継はまったくなく、ニュース映画しかなかったです。 アジア大会が終わって初めて、人々は映画館に足を運び、ニュース映画でその様子を見ることができました。 大陸間の競争の中で、競技場に鮮やかな五星紅旗が掲げられ、雄大な義勇軍の行進曲が流れると、映画館の若い少年少女たちは感激しました。

 同時に観客は、広い道路に車が並び、パンタロンや短いスカートの人々がいて、近代的なビルが立ち並び、ミルクやコーヒーやフルーツが並ぶモールがある、発展し繁栄したモダンなテヘランを見たのです。

 当時のイランはパフラヴィー朝の支配下にあったが、賢明なパフラヴィー国王は国を近代化へと導きました。 中国の一人当たりGDPが150ドルに過ぎなかった時代に、イランの一人当たりGDPは2,000ドルに達していたのです。

 しかし、良い時代は長くは続かず、過激すぎる改革は宗教社会の存在する空間を圧迫してしまいました。 また、貧富の差もあり、労働者や農民の利益は尊重されず、保護もされなかったのです。 パフラヴィー王族は、野党によって独裁専制君主として描かれ、その直後の1979年、イランで白色革命が勃発しました。900万人が街頭に立ち、宗教界にアメリカ、イスラエル、西欧の手先と言われたパフラヴィー一族は混乱したまま逃げ出し、14年間亡命していた宗教指導者のホメイニはテヘランに帰還しました。

 イランは宗教国家に回帰し、経済発展と科学振興が宗教的信念とイデオロギーに取って代わられました。 その中でも最も過激だったのは、女性の教育や雇用の権利を否定したことです。 次に、女性の権利をさらに踏みにじる「スカーフ法」が導入されました。

 ホメイニとその後継の支配者たちは、国内ではイラン国民を貧困に陥れ、海外では完全に孤立化され、テロの代名詞にさえなりました。

 そして、ついに少女のスカーフ問題が、国民的な抗議の波紋を呼ぶ火種となったのです。 街頭に出た人々は、イランの宗教勢力が43年間築いてきた保守的な暗黒支配の根幹を揺るがしたのです。

 テヘランで起きたことは、平等、正義、自由こそが人々が求める良い生活の主な要求であり、性別や民族を含むすべての階級の願いを尊重することによってのみ、人々は恐れずに生活と豊かな社会・経済を作り出せることを世界に示したのです。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page