top of page

【9月2日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 輝く朝日、青く染まった空、なんと美しい秋の都の一日でしょう。

 北京、晴れ、最高気温27度、最低気温16度、大気質予報指数44、空気良好。

 中国のSNSでのゴルバチョフの功罪の議論は、稲盛和夫の経営哲学の議論をはるかに凌駕しています。 一方は世界の情勢に影響を与え、もう一方は企業や個人の進歩に方向性を与えた、明らかに前者はスリリングで激しい、後者は冷静に話しています。 前者が後者の影を落としたということですか?

 昨日、私はロシアで見たものについて書きました。権威主義的な計画システムの崩壊後、そこの人々は生まれ変わり、文明的で豊かな生活を送っていることを示そうとしたのです。

 友人から、ロシアでの旅の経験をもっと書いてくれないかと頼まれました。 実際にロシアに行ったのは2015年7月下旬で、仲間内で毎日の「旅のエッセイ」を連載し、「モスクワ郊外の夕暮れ」と題して、ロシアでの昼と夜の様子を詳細に書きました。 ただ、私のWeChat仲間には2015年以降にしか出会えない友人も多いので、モスクワやサンクトペテルブルクの心揺さぶる言葉を読めなかったのです。

 2015年から何度かスマホを変えているためか、スマホの中を探したところ、当時撮った数百枚の写真が消えており、「モスクワ郊外の夕暮れ」はどこかのパソコンにダウンロードされた可能性があるが、見つかっていません。今日は記憶をたどりながら、もう少し個人的なロシアでの思い出をお話ししましょう。

 ロシアの都市間を飛行機と列車で移動する際の主要手段ですが、ロシアの「緑色の列車」を体験するため、モスクワからサンクトペテルブルク行きの夜行列車に乗車しました。 ロシアのレストランやホテルやショッピングモールやレンタカーは民間企業ですが、ロシアの鉄道交通は国営です。

 中国の緑色の在来線列車と同じ一等コンパートメントに乗った瞬間、その酷似は誰が誰に習ったのかと疑問に思いました。

 乗車して間もなく、名前を覚えていない女性車掌Aさんが、「明日の朝食は列車の中で食べるか」と聞きに来ました。 一人30ルーブル、つまり3元くらいだ。 列車がサンクトペテルブルクに着くのは8時過ぎなので、朝食は6人分注文しました。車掌のAさんは、私たちにお礼を言い、喜びの笑顔で去っていきました。

 ほどなくして、車掌Bさんがスリッパを手に持ってやってきて、「履き替えようか」と尋ねられました。最初は無料サービスかと思ったが、車掌Bさんが「スリッパ1足が15ルーブル」と言いました。15ルーブルもするし、2、3時間で済むし、そんな贅沢しなくてもいいと思って、彼女の申し出を断りました。

 スニーカーを脱いで休む準備をし、一日モスクワを走り回った後のスニーカーは臭いがきつくてたまらない。そこで私たちは、真夜中の廊下に臭いスニーカーをそっと置いてきました。

 しばらくして、電車の中の静けさを突いて、鋭いノックの音が響きました。 車両のドアを開けると、女性車掌Bさんが眉をひそめて廊下に立っており、その唸り声が大きくて何を言っているのか分からなかったが、その動きからして、「臭い靴を通路に置いてはいけない!」というようなことを言っていました。 仕方なく、臭い靴は自分の部屋に持ち帰ることにしました。

 Bさんは、なぜあんなに怒ったのでしょうか? Aさんの優しさと笑顔を見たか? 長い間、企画業務の中で生きてきた中年の脂ぎったおじさんたちにとって、退屈しのぎの謎解きは得意なので、推測し始めた。きっとスリッパを断られ、今夜の個人収益はゼロになったのでは?

 その話が終わらないうちに、またドアがノックされ、車掌Bさんから「あなたたちの隣のトイレは夜間使用できないので、使いたい人は他のコンパートメントに行ってください!」と単刀直入に言われました。 そうか、国営列車の車掌さんが私たちと対立してきたのか! 私たちは中国人であり、お互いの不満は和解したほうがいいというのが先祖の宝物であり、Bさんと和解させたいと思いました。

 私は、Bさんと交渉する外交使節に選ばれました。コンパートメントを出る前に鏡を見て、髪をとかしました。

 車掌室のドア外に着くと、Bさんが退屈そうに座っていて、どこかをじっと見ていました。 彼女は私を見るなり、「あっちへ行け!」と大声で叫び始めました。 私は笑顔で5ユーロを取り出し、彼女に手渡すと、英語で「Thank you for your service and have nice evening」と言いました。 彼女は唖然として、英語で何度も尋ねた。「for me?」5ユーロは45元、450ルーブルに近い。

 彼女は私を抱きかかえ、熱い頬を私の顔に押しつけ、その丸い体に私の息を搾り取りました。「アリョーシャです!ありがとうございます。」私は少しパニックになりながら自分のコンパートメントに戻り、夜中に外国人の異性と顔と顔で触れたことを同胞に認めました。 同胞たちもみんなコンパートメントから飛び出しアリョーシャを会いに行きましたが、車掌の仕事場の扉はすでに閉まっていました。

 翌朝、顔洗い歯磨きを済ませたところに、Aさんとアリョーシャが、パン、マッシュ、卵、バター、ジャム、ミルク、コーヒーという北京では30ドルもする豪華な朝食を運んできたのです。アリョーシャは特に私に「よく眠れたか」と聞いてきました。しかし、他の中国人の友人たちからの挨拶や話しかけを無視していました。

 列車が森や川を通り、建物が増え始めると、サンクトペテルブルクが近いことがわかりました。

 アリョーシャが廊下に立って、私に手を振ってくれました。 私がコンパートメントを出ると、彼女はそっとロシアの大きなスリッパを渡してくれました。 そして、また強く抱きしめてくれました。 私は同行者に頼んで、二人の写真を撮りました。アリョーシャの前では、体格のいい私が細身に見えました。

 ようやく列車が駅に入り、レニングラード大学で博士課程に学んでいる中国人留学生が、列車から荷物を降ろすのを手伝ってくれました。 私たちはスーツケースを引いて出口に向かい、振り返るとアリョーシャがまだ立っていて、私に優しく手を振っていた・・・・・


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page