top of page

【9月17日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 日の出、カラフルな雲、高い気温、夏への回帰?

 北京、晴れ、最高気温32度、最低気温20度、大気質予報指数62、空気良好。

 昨日、私が所属する中国自動車販売協会(CADA)が記者会見を行い、2022年のCADA年次大会を11月3日から5日まで広東省珠海市で開催することを発表しました。

 現在、中国の自動車生産・販売台数は年平均約2,500万台を維持し、自動車保有台数は3億1,000万台となっています。 かつては、政府も国民も、自動車の生産過程と生産台数にしか関心がありません。 40年の変化を経て、今日、政府も国民も自動車の消費に関心を寄せています。 その結果、自動車産業は巨大な流通産業を生み出し、自動車流通協会は自動車流通に関わるすべての団体の参加している、業界最大の業界団体です。

 毎年、全国から3,000人を超えるディーラーが集まり、年次総会を開催しています。 彼らは個人ではなく、11,000を超えるディーラーグループ、販売チェーン、販売プラットフォームを代表して会議に参加しているのです。

 2017年12月の年次総会より、当協会はその年次総会において「新エネルギー車開発動向フォーラム」を開催し、業界の専門家や学者、車両充電会社の代表者、ディーラー関係者を招き、新エネルギー車の開発動向について知見や判断の共有を図りました。

 フォーラムは、第1回の120名から2021年には260名に増え、スペースの関係で180席しか用意できず、両脇に40名以上の参加者が立ち見の状態でした。 13時30分に始まり、17時30分に終了、参加者はマスクをして微動だにしない。 コロナ禍流行の中、多くの業界関係者が参加されたことは、とても感動的でした。

 昨晩からずっと考えていたのですが、今年のテーマはやはり「新エネルギー車流通システムの構築」であるべきではないでしょうか。 特に、多くの新車メーカーが直販モデルを採用し始めた今、代理店モデル、つまり4S店モデルに依存して生き残っている多くのディーラーは、今後どこに向かっていくのだろうか。

 また、最近では、少なくとも3社の新エネルギー車メーカーが、新製品を発売する際に、世界中で販売代理店のパートナーを募集しています。 また、ファーウェイが設計・製造に携わる新エネルギー・スマートモデル2車種は、従来の代理店販売網で販売され、良好な成果を上げています。

 新エネルギー車は、具体的にどのように販売されるのでしょうか? ディーラーの友人たちが進むべき道は? 今年の中国自動車商会年次総会の新エネルギー車開発動向フォーラムのテーマは、もしかしたらこれかもしれませんね。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page