top of page

【9月14日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 霧が立ちこめ、灰色の霧雨が降り、せっかくの秋が残念なことに。

 北京、曇り、最高気温31度、最低気温19度、大気質予報指数83、空気はまあまあ?

 昨日の芸能人不祥事の話や西側での戦争に関する憶測の話で、ぼんやりと一日が過ぎました。 実は、昨日はとても特別な記念日だったんです。

 1969年4月、中国共産党第9回全国人民代表大会が開催されました。 隣のユニットのMさんのお父さんが、人民代表として全人代会議に出席しました。

 この会議で、L元帥は副主席に選ばれ、党規約に、指導者が死亡したり、何らかの変化があった場合には、L元帥が後継者として国を前進させることが書き込まれました。

 当時、「ニュース速報」という映画がありましたが、実はこれはドキュメンタリー映画の形をしたニュース放送だったのです。 主席が万歳三唱の熱狂的なシーンで登場すると、副主席はいつも静かに後ろに付き、主席の名言で作った小さな赤い本を持って振っていました。

 第9回共産党大会の後、主席はいつものように特別列車で各地を回りました。 その後、副主席は北京に滞在していたのを機会に、北の邪悪な隣人との戦争に備え、北京にある中央官庁の部隊をすべて避難させるという第一次命令を発しました。

 父は瀋陽に連れて行かれ、現在「瀋飛」と呼ばれている航空機工場でターナー職人として働いていました。 母は、北京の西郊にある東部製油所(現在の燕山石油化学)に連れて行かれ、原油の精製を手伝わされました。 私と弟は江蘇省常州の祖母の家に預けられ、それ以来、離れ離れになりました。

 1年後、私たちは母とともに常州から芬河西岸の呂梁山麓にある南庄という村に移り住み、農作業に従事することになりました。

 生活は苦しくても、村の楽しみは尽きない。 毎年5月1日、7月1日、10月1日には、村で文化公演が行われ、革命曲を歌い、「忠字舞」という毛沢東に忠誠心を示すための集団舞踊を踊りました。 本番前、全員が立ち上がって小さな赤い本を振り、主席の長寿と副主席が永遠に健康であることを祈りました。

 1971年9月、何事もなく静かに月日が流れていました。 人民日報や山西日報の一面には、副主席の写真も太字も見当たらない。 また、副主席が小さな赤い本を振って、ニュース速報で毛主席万歳を唱えている様子もありません。

 しかし、村人たちはまだ10月1日国慶節の文化プログラムを準備していました。オープニングの踊りは、村の若者たち数十人が踊る「東方は赤だ」の予定です。

 突然、コミューンは国慶節に祝賀行事を行わないという緊急通達を出しました。 どうなるんだろう? 歌と踊りは用意されていたのに、どうして「やらせてもらえない」と言うのだろうか。

 南庄村は県城から二十余里、コミューンから八里離れており、諺にもあるように、天は高く、帝は遠く離れているのです。 そこで、9月30日の夜、村は麦畑に蒸気灯を引き、いつものように演舞を行いました。 公演の冒頭では、全員が立ち上がって、主席の長寿と繁栄を祈願しました 、そして、副主席がいつまでも健康であることを祈りました。

 国慶節の数日後、上層部から「副総司令官がイギリスから輸入したトライデント機でソ連に亡命する準備をしていた」という公文通達が来ました。 飛行機が墜落し、副司令官とその妻子がモンゴルのヴィンドゥル・ハーンという不毛地帯で死亡したのです。

 副主席の命日が9月13日で、9月30日になってもまだ不老不死を叫んで祈っていたのだから、村民はショックでした。

 9月30日にも永遠の健康を叫ぶなどナンセンスでした。 しかも、上層部は「永遠の健康を叫んでほしくないから」と、集まって祝うことを禁止していました。 今度はけん責されるぞ。

 幸いなことに、上の幹部たちは恐らく意外過ぎて唖然にしていただろうし、責任を追及する者も降りてこなかったので、この件はお茶を濁すことができました。

 そして、全国的に副司令官とその下僕を深く掘り下げて批判するキャンペーンが行われました。元の教科書には、彼が戦争の最初の一発を撃ち、第八路軍を率いて千余の敵軍を排除して平型関を制覇したと書かれていたのです。 この話は後に、毛沢東が直接戦闘を指揮し、すべての手柄を立てたという話に変更されました。

 遼河瀋陽の戦いも、もともとは副司令官が自ら指揮し、残酷な戦いではあったが、大勝利を収めた戦役です。 その後、主席と副主席の間の100通以上の電報が上層部によって公開され、副主席がいかに主席の命令に背き、大量の不必要な犠牲を出した結論に変えました。 副司令官直系の1,000人以上が粛清されました。 県庁所在地からほど近い空軍航空学校では、1ヵ月以上も離発着するトレーナーがなかったのです。

 共産党第十回大会の時、中国共産党規約から副主席が削除されました。 どうせ自分たちの規約なのだから、好きに変えればいいのです。

 1990年代、『雪白血紅』という本が出版され、著者は瀋陽軍区政治部の将校と言われています。 彼は、自分の持っている生の情報をもとに、遼河瀋陽の戦いを描き直し、副司令官の評判を回復させました。 今日でも歴史の教科書では、文化大革命の発動とその悲惨な被害については、副主席とその戦友たちに大きな責任があるとされていますが、しかし、平型関の勝利や遼河瀋陽の戦いを回想する映画やテレビ作品では、副司令官については歪曲を改められ、英雄的な人物として存在し、歴史に輝かしい評価を得ているのです。

 副主席の命日が9月13日で、それを思い出すことで、おそらく私たちは如何に歴史を学び、如何に歴史を記憶する方法を学べるのでしょう。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page