top of page

【9月13日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 北京、曇り、最高気温32度、最低気温20度、大気質予報指数139、大気汚染あり。

 不祥事を起こした芸能人が潰され続け、世論だけでなく、広告や出版の中止、番組協力の中止など、民事で損害賠償を請求されるのではないか、彼らの作品はすべて棚から降ろされました。

 ネット上では、この不祥事を起こした芸能人をめぐって再び意見が分かれており、多くのネットライターが、この芸能人の映画やテレビ作品について「演技が下手」「不快」「耐えられない」などと非難し、攻勢に出ています。 もうひとつは、法律違反は法律に従って捜査しなければならないという世論です。 ブランドイメージに関わる広告キャンペーンは、取りやめるのが当然です。

 しかし、インターネット配信している全ての作品を取りさげる必要があるのでしょうか? 結局、彼一人の作品ではなく、多くのアーティストの作品であったということです。 しかも、彼はすでに法的制裁を受けています。芸術的創作物はすべて撲殺されるべきなのか? 演技を含め、すべての芸術的創作は否定されるべきなのか? 彼がスーパースターであるのは、やはりその卓越した演技力が観客や業界に認められているからでしょう?

 個人的には、公式メディアの一方的な論調に従うのではなく、論争があるのは良いことだと思います。

 この論争は、ついに他界したばかりのエリザベス2世にまで波及し、高貴で優雅な王冠が植民地の血で汚れていると非難しています。 この記事では、エリザベス2世の時代にイギリスの植民地で起こった一連の虐殺事件を挙げています。 その一つがケニアのマウマウ運動です。国家の独立を目指した解放運動は、イギリス軍による血生臭い弾圧を受け、6万人の死者を出すことになりました。 エリザベス女王は何年もの間、反省の弁を述べるどころか、それについて何も言わなかったのです。

 女王の棺が蓋をされ、ほぼ全世界が賞賛に溢れている今、血生臭い初期のイギリス植民地支配を持ち出して、偏った高評価に異議を唱えるのは、個人的には良いことだと思うのです。

 不祥事で汚染された芸能人に対する聖戦も、シェフィールドの女王に対する非難も、中国を重要な国へと変えてしまったのです。 この批判と自己批評の精神によって、私たちの周りにあるもの、内側にあるものを含めて考えることが促進され、私たち自身と未来の世代のために、私たちの仕組みと内側にあるものを改善し続けることができればと願っています。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page