top of page

【9月10日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 少し明るくない朝、詩や遠方が霧で見えない朝である。

 北京、曇り、最高気温32度、最低気温18度、大気質予報指数87、空気は良好?

 今日は伝統的な中秋節です。 兄弟姉妹やお父さんたちが、健康で幸せな休日を過ごせますように。

 今日は「教師の日」でもあります。下積み時代に鍛えてくれた先生方に感謝です。 教師ははしごであり、教師は橋であり、教師はフェリーであり、教師は醜いアヒルの子をその翼で高く飛べる鷲に変えてくれる存在なのです。 これは、教師への客観的で美しい賛辞であり、少し残酷でもあります。

 私は教師一家に生まれ、両親ともに教育者でした。 限界集落の草分け的な家庭の出身で、頭脳が良かったから? 父は流体力学を、母は量子力学を研究し、教えていました。 残念ながら、彼らのDNAは一切受け継がれなかったので、私はメカニックのことは何も知らないし、興味もなかったのです。 当時は数学や化学を学ぶことが圧倒的な価値観であったため、このことは両親を大いに失望させました。

 語学や外国語の成績はまあまあで、おそらく1970年代はまあまあではなかったと思います。 だから、教師が不足していた時代に、高校を卒業すると、教師として留任することになったのです。まさか1970年代の高校を卒業した人が、1970年代後半の中学生を教えることになるとは思いもよりませんでした。 その頃には、大学入試も再開され、中学校もすべて軌道に乗っていました。

 私は1967年に小学校に入学し、1977年に高校を卒業しました。その間、江蘇省常州に1年間避難し、山西省臨汾で2年間羊を飼い、高校時代も工場や村に通って意志を鍛え、心を改革してきました。 それは間違いです! この教師の日に、もう一度、私の教室に座り、私の盲目的な生徒へのごまかしを聞いてくれた人々に、深いお詫びを申し上げます。

 その後、慌てて大学に進学し、教師としてのキャリアを終えました。

 以前、「おはよう北京」でお伝えしたように、同じ階の隣のアパートで育ったMは、数学と化学で年間650人中上位に入る優秀な生徒でした。 Mは、学校の成績がいいだけでなく、手先が器用でした。 幼い頃からラジオが好きで、自分でラジオを作り、電話機も取り付けました。 そして、母が生涯をかけて目指した物理学という夢を実現させました。 中国の名門大学で学部を卒業し、北米の名門大学で博士号を取得しました。 その後、北米に滞在し、銀行で働くことになりました。 森の中の大きな一軒家で、家族4人が幸せに暮らしています。

 Mの父親は大学の学長で、在任中、当時の総書記を大学に訪問してもてなした。 そこで、9月10日を「教師の日」とすることが提案され、これが現在の「教師の日」の由来となりました。 というのはどうなんでしょうね。Mのお父さんがいなければ、「教師の日」はありません。 私たちは、Mのお父さんと、感謝の気持ちを表すために法的な休日を与えてくれたチーフ・秘書・セクレタリーに感謝すべきなのかもしれませんね。

 Mと幼なじみ、幼稚園、小学校、中学校、高校と同じ学校に通い、18年間も離れ離れになったことはありません。しかし、Mと私の多くのアイデアは一致せず、Mは、徹底した現実派で、徹底的な現政権支持者であり、世界は唯一の共産党の栄光と高尚な大中華圏思想の持主です。中国の悪口どころか、民主主義の灯台の国のことをちょっとでも感心するとMに即座に否定される:「何も知らないくせに!」と言われます。そう、Mは灯台の国に住んでいるので、我々は何を言っても自分の体験談ではなく、口先だけなのです。

 しかし私は疑問を持つことが好き、キツツキの精神に憧れる、客観性、合理性、事実性を追求し、反省、批判、自己批判を厭わない。

 だから、「おはよう北京」では毎日アップされると、Mが必ず批判的にコメントしてくれるので、おかげさまで「おはよう北京」の環境は、騒がしく、楽しく、投稿しやすいものになっています。

 ここ数ヶ月、Mは無口になり、いろいろな批判の声が聞こえなくなると、民主主義を信じる筆者はすこしそわそわして心配です。

 この中秋節に、改めて、中秋を迎えている限り、左でも中央でも右でも、どこにいても、すべての友人が幸せな休日を過ごせますように、お祈りします。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page