top of page

【8月9日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 小雨が降ると、待ちに待った涼しい日がやってきました。

 北京、小雨、最高気温28度、最低気温19度、大気質予報指数16、大気質良好。

 朝早く起きて友人のSNSタイムラインを読むと、学友の馬暁霖教授が初めて于秋雨さんに会った時のことを回想しているのが書いてありました。 鳳凰衛視の「鲁豫有约」番組がパレスチナに行ったとき、当時新華社の中東特派員だった馬暁霖さんが、余秋雨さんと陳鲁豫さんたちのガイドをする機会があったという話です。

 その後、馬暁霖教授が、今日の文脈で余秋雨さんを置くことは、それほど炎上することなく、不快ではないという記事を出したのです。 当時の文化番組での脂ぎった姿や涙も、親近感が湧いてきて、愛おしく思えてくる。

 実は、私は昔から教養と学問の専門性とは別物だと思っていました。 私などは文化教養がなく、余秋雨さんの発言や文章は理解できない、読めない範疇です。

 当時、影響力のあるバラエティー番組には必ず余秋雨さんをコメンテーターとして招かれていました。 彼のコメントは、しばしば現場のライブを超越し、聴衆を遠い詩的な古代へといざなうと言われました。 ある年の青少年歌謡コンクールでは、当初、他の学者や専門家を審査員として招いたが、どうしても視聴率が上がらなかったと言われていて、番組側は、大会の途中で余秋雨さんを審査員として招き、快く大きな時間を割いてくれて、視聴者の期待に応え、名調子の解説で視聴率を上げました。そんなにすごいことなんですか? 私の場合、それは不可解です。

 余秋雨さんをめぐっては、1960年代から70年代にかけて、上海市委員会の執筆チーム「石一哥」の主要メンバーであったかどうかが最大の焦点となり、さまざまな論争が起きていました。 その時代の賛美をたくさん書いていたのでしょうか。

 余秋雨さんは否定したが、反対派は一歩も譲らず攻撃してきました。 やがて、文化の舞台で激しいバトルが繰り広げられるようになりました。

 瞬く間に、これら全てが過ぎ去り、余秋雨さんとその同世代の人たちは表舞台から姿を消した。

 その代わりに、国際的な政治学者、軍事戦略家、社会評論家などが登場し、その多くが軍服と階級を身につけ、メディアで発言するようになりました。 世論は、あらゆるものに対して敵対し、殺気立ったオーラであふれかえっていました。

 このとき、余秋雨さんとその代表的な文化人を振り返ってみると、少し「気取った」ところがあるかもしれないが、やはり中国と西洋の両方の文化を学び、穏やかで、上品で、人当たりがよく、その言葉はいつも人々に悟りと楽しみを与えていました。

 だから、今がすべて歴史になるのであって、今がどう記録され、どう評価されるかを忘れて、目先のことを一生懸命やっているかどうかだけを考えていてはいけないのです。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page