top of page

【8月8日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。



 朝は一瞬の晴れ間もあったが、今は暗い雲に覆われている。

 北京、曇り、最高気温30度、最低気温22度、大気質予報指数20、空気良好。

 台湾海峡の情勢は多くの人が議論しており、仁者は仁者を、賢者は賢者を見るので、私は愚問には加わらないことにします。

 また、最近話題になっているのが、学歴詐称や偽造の問題です。 ある有名な経営学教授の博士号は、「ニセ大学」の産物であることが暴露された。もっと興味深いのは、名前はヨーロッパ風だが、実際には上海で運営・教育し、著名な「東洋式経営学」を主張する経済学教授も深く関わっておりました。疑問にされているのは、彼の学問の水準だけでなく、彼が設立した一連の学術機関が、すべて金を儲けるための道具に過ぎないのかどうかが問われています。

 有名な女性経営学者が学歴詐称をしていたことが報じられ、彼女が教えていた著名なトップ大学はすぐに彼女の辞任を発表し、「雇用契約」を打ち切りました。 女性経営学者が財を成し、博士号を取得した縁の深い上海のとある大学は口を閉ざし、その責任について合理的な説明をいまだにしていません。

 個人的には、「東洋式経営学」の誕生にこそ、問題の本質があると思うのです。『易経』や『周易』、さらには『紅楼夢』など、多くの中国古典的名著のエッセンスが含まれています。 私はこの領域に関与していないので、あえてコメントすることはない。 しかし、同校がニセ大学の未公認の学位を作り、多くの修士・博士を輩出してきたことは、まぎれもない事実です。 今後、これらの授与される学位はどうなるのでしょうか?彼らは本物ですか、今後も教育機関に認られるのでしょうか。

 学歴詐称との戦いは1990年代に始まり、多くの留学帰国組がピカピカの学位を持って各界で頭角を現すようになりました。 すると、稀に偽物の大学学位を持っていると告発された人がいて、審査や告発に参加したのは、本物の学位を持っている人たちでした。 自分たちはせっかく苦労して学位を取得したのに対して、学歴詐称者は気軽に学位を買うなんて、それなら、彼らの苦労は報われないのではないでしょうか。

 実はもう一つ、お気づきの現象があります。 落馬した役人の多くは、履歴書に「社会人コースの修士号」「社会人コースの博士号」と発表しているが、いずれも大学発行の修士号や博士号を持っています。 日々の仕事に追われる多忙な役人たちは、いつ学位取得のために勉強する時間があるのでしょうか。

 しかし、ひとつだけ確かなことは、多くの汚職した役人が修士号や博士号を取得しても教養が高くなったとはいえず、犯罪に手を差し伸べることをけっして諦めていないことです。

 ここしばらく、多くの大学が官吏に学位を与えることを急ぎ、大学の記念式典では、自分の大学の卒業生が何人、地方や中央官庁の有力幹部になっているかを誇らしげに発表し、官吏の中に本学卒業生のいわゆる「同窓グループ」を作ろうとしているのを聞くこともあります。

 ですから、個人的には、学歴詐称の問題を防ぐだけでなく、大学に自信と気概を取り戻させるべきだと考えています。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:2回0件のコメント

Kommentare


bottom of page