top of page

【8月6日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 空は色とりどりの雲に覆われ、地上は残暑に覆われています。

 北京、晴れ、最高気温35度、最低気温26度、大気質予報指数37、大気質良好。

 夏休みに入り、まだコロナ禍が完全に退いていないにもかかわらず、北京を訪れる観光客の数はすでにじわじわと増えています。 特に地下鉄や電車の駅では、子供連れの若い親の姿が数多く見受けられます。

 地下鉄2号線から13号線の西直門駅には、長いエスカレーターがありますが、北京の鉄道交通の中で一番長いエスカレーターなのでしょうか?

 午後4時頃、耐え難い暑さの中を歩き疲れたのか、黒い服を着た少年が、エスカレーターの手すりに体を傾け体重をかけていました。

 立って! 立って! そこに傾くのはみっともない!叱責を叫んでいるのは、おそらくその子の母親でしょうか。

 ああ、疲れた! しばらくもたもたしていて何が悪い? 黒服の少年は、少し焦りながら言い返しました。

 ここがどこか知っていますか? ここは北京の海淀区、文教地区だ、13号線で五道口に行くのは、清華大学を見に行くためだ、ほら、しゃがんでいるじゃない!

 黒服の少年は、海淀区と清華大学への畏敬の念を示そうともせず、背筋を伸ばさないようにした。

 しかし、彼の前を通り過ぎるとき、その目には溌剌とした憧れの表情が浮かんでいました。

 どこの地方から来た人か、彼は何歳なのかを知らないが、知っているのは、息子を思う両親がいて、夏休みに35度の暑さの中、清華大学への巡礼に連れて行ってもらったということだけです。

 もしかして、もう小学生の秀才っ子なのでしょうか? 数学と理科の成績が優秀な学生? もしかしたら、成績がごく普通の学生かもしれないが、清華大学訪問を機に、親が彼の勉強意欲を刺激し、成長させたいのだろうか。

 しかし、私は、この大きな涙目の黒い服を着た少年が、疲れたときにエスカレーターの手すりにもたれかかる姿が好きでした。なぜなら、彼は本物で正直だったからです。 勉強が得意になって、いい大学に入ってほしいです。 でも、北京旅行で清華大学や北京大学の見学ばかりに時間を割かれないように、幸せも味わってください。 西直門から4号線に乗って、頤和園に行くことができますよ。 その風景は素晴らしいだけでなく、中国の近代史が立体的に表現されているのです。 楽しみながら歴史を学べるので、飽きないかもしれませんね。

 もちろん、子どもは親の子であり、親が子どもに何かを期待することは悪いことではありません。 しかし、経験者としては、早い段階で一発勝負の橋をかけるよりも、自然の流れに任せて、健康で幸せに育ててあげることに意義があると感じています。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page