top of page

【8月4日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 朝6時、窓を押し開けると、湿度が高く蒸し暑い。

 北京、霧、最高気温36度、最低気温26度、大気質予報指数73、空気は良好?

 北京には通称「新馬太(シンガポール・マレーシア・タイ三カ国周遊の旅行ツアー人気商品と同じ発音)」と呼ばれる地域があり、この地域の住民は冗談で「新馬太を散歩してきたよ」と言うそうです。 通称「新馬太」と呼ばれるのは新街口・馬甸・北太平荘のエリアです。

 実際、この地域には、北京映画スタジオ、北京青年映画スタジオ、北京児童映画スタジオの6つの映画スタジオがあり、主に長編映画やアートアニメーションを制作しています。 また、新映スタジオと呼ばれる「中央ニュース・ドキュメンタリー映画スタジオ」、科映スタジオと呼ばれる「北京科学教育映画スタジオ」があります。 当時はまだテレビが普及していなかったので、時事問題を記録するためには、ニュース・ドキュメンタリー映画を作るしかなかったのです。 そして、「ニュース速報」の映画を通じて、新しい出来事をあちこちの人に見せていました。 ドキュメンタリーの中でリーダーが手を振るたびに、観客が立ち上がって盛んに拍手を送る光景は、熱狂的ともいえるものでした。

 科映スタジオの作った映画は、植物から動物、湖や川かわ山や地心まで、ポピュラーな科学が中心で、地球ないし宇宙までかみ砕いて見せてくれるので、自分のいる場所がよくわかります。 どこから来て、どこへ行くのか?

 当時、進学するのには入学選抜試験もなく、近くの学校に入れました。 だから、どのクラスにも映画スタジオの子供が何人かいたんです。私の幼馴染には二人いた、一人は北映スタジオ、もう一人は新映スタジオでした。

 あの時代の映画館ではあまり面白い映画を見ることができませんでした。 しかし、新映スタジオの試写館では、「社内参考映画」がよく上映されました。1950年代から1960年代にかけて作られた国産映画だけでなく、『トラ・トラ・トラ!』『山本五十六』や、ソ連の反スターリン主義映画『溶けている河』、北朝鮮の長編映画『無名探偵英雄』など、国外の敵対勢力が作った戦争映画も存在しました。

 新映スタジオの寮に住んでいた友人たちは、毎週チケットを送ってくれて、映画鑑賞は中学時代の最も幸せな時間の一つでした。

 まさか自分が映画ではなく、テレビを作る仕事をする日が来るとは思いませんでした。同僚には新映スタジオや科映スタジオ出身者は何人もいて、お互いに山道をトレッキングしたり、徹夜で番組制作をしたりする兄弟姉妹のような関係になっていったのです。

 昨日は朝から科映スタジオに招かれ、ドキュメンタリーの企画ワークショップに参加しました。 見慣れた街並みと見慣れない建物で、感動的な瞬間もありました。

 何年も前に、新街口外の小さな胡同にある科映スタジオを訪ねたことがあります。 周囲は低い古い住宅に囲まれていましたが、1970年代に科映スタジオが建てた割と高い建物はひときわ目立っていました。 カメラ、スタジオ、編集室、すべてに興味をそそられました。 当時は、大人になったら映画監督になりたいという野望がありました。

 以前は「社内参考映画」をここでも多く上映していた科映スタジオが、今では「お笑い劇場」になりました。科映スタジオ内でいま最も目を引くのは、やはり「徳雲社」があるところでしょう。「徳雲社」は、路上にある講堂を借りて、北京北部の公演の拠点にしているという。 徳雲社の若手芸人たちは、しばしばここで新しい相声を披露し、多くの若い男女のファンを熱狂させているという。

 しかし、科映スタジオの本館では、地道に平和にドキュメンタリー撮影の話し合いが続けられています。

 現在の経済発展をどのように反映させるべきか? 自動車産業が国民経済のリーディング産業であることをどう反映させるべきか。 新エネルギー車のリーディングポジションをどう反映させるか? 先進技術の結集である新エネルギー車をどう反映させるか。 トップランナーは誰なのか? 業界の主役は誰ですか?

 ドキュメンタリーと新エネルギー車を組み合わせることができるのは、私にとってこれ以上ないやりがいと目からうろこです。

 あっという間に、2時間で新エネルギー車産業の歴史を整理することができました。 同僚たちは、おそらくそれをもとにキャラクターやストーリーのある脚本を描いてくれるでしょう。

 科映スタジオのビルから外に出ると、新街口外大街の通りがよく見えます。 時折、歩行者が通り、車が通り過ぎます。 街で起こるストーリーをスタジオでドキュメンタリーに仕上げるのは、脚本家とディレクターの使命であり宿命であります。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page