top of page

【8月29日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 涼しくなった、どれくらい涼しくなった? とにかく冷えてるよ。

 北京、曇り、最高気温26度、最低気温16度、大気質予報指数29、空気は綺麗。

 昨今、ある作家の娘が作家協会に入会できるかどうかについて世論を賑わしていました。 排泄にまつわる詩の方が目を引くかも? その結果、突然ネットに現れた多くの1978年前後の歩み、冤罪事件はどこまで正当化されるのか、といったひっそりと出てきた多くの記事を読み流すことになるところです。あの時代のリーダーたちが決めた悪行は、正当化できるのか? 例えば、右翼は更生できるのでしょうか? 例えば、「金持ち地主ら悪人」とその子供たちは、差別や抑圧のない普通の生活を送ることができるのか。 例えば、大学入試の再開には政治的な審査が必要なのでしょうか?

 一番肝心なのは、トップが海外の現地に足を運び続けて、中国と世界の大きな差を目の当たりにしたことです。こうして改革開放という歴史的な戦略選択がなされ、完全とは言えないまでも、確実に長足の進歩を遂げてきた40年間が始まったのです。

 長い間、このような客観的で公正な歴史の見直しは行われていなかったように思います。 8月下旬から、特に鄧小平の生誕記念日前後には、「実践こそ真理を確かめる唯一の基準」と賞賛する記事が多くなってきました。 どういう意味なんでしょうね?

 涼しくなってきて、また作物が収穫されようとしていますが、豊作を祈ります。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page