top of page

【8月28日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 高い空には暗雲が街を覆い、低い空には朝日が輝いている。

 北京、曇りで最高気温が21度しかなく、秋以来の最低気温の日だったらしい? 最低気温は16度、予想指数は33で、大気状態も良好。 

 昨日は毎月恒例の幼馴染さんとの食事会。13人も集まっていたのに、最初は8人しか座れない個室に案内されました。コロナ禍の流行で人手不足で、我慢してくださいと言われ、小さなベンチをいくつか持ってきて、それでやりくりしてくださいということでした。幼なじみと言ってももう子供ではなく、すべて還暦の年齢を過ぎていて、食事のために外出し、数時間、小さなベンチで、その腰は、耐えることができますか。

 黒い半袖のスーツを着た店長は、顔をしかめて譲らない。十数人が入れる店の大きめの個室は、空っぽのままなのに、使わせてくれないのです。

 仕方なく、彼女に声を荒げて、「どうしてそんなにお客をないがしろにするんだ」と叫びました。 店に対して苦情を申し立てるつもりです。 私たちのことをよく知っている他のスタッフが駆けつけてきて、広い個室に案内してくれたので、やっと嵐は静まりました。

 長年にわたる外食産業の民営化以降、サービスの質は大きく向上され、しかめっ面をして事務的に客に指示するようなことはほぼ絶滅しました。 いつも楽しそうな店員さんに話を聞くと、ひとつには、コロナが怖いのであまり個室を開けてはいけないということ。 2つ目は、コロナによって客が遠ざかり、個室での接客サービスをどう提供していいかわからなくなったことです。 すべてはコロナのせいで、お客様を第一に考えることを忘れてしまったのです。

 食事会の最中、あるメディアから、今度は大きな質問をするインタビューのアウトラインが送られてきました。 私のクルマ人生を語りたいとのことで、冒頭の質問が面白かったです。 ストリートカーにはどんな変化があったのでしょうかという質問でした。

 目の前の毛深い少年を見ていると、あの頃の街並みが浮かんでくる。

 私たちは皆、新街口外の通りで育ちました。 南下して、ハウクウ経由で北京に入った。 北は東勝人民委員会マディアン生産旅団の麦畑に直行した。 私たちの住んでいるガーは、標準的な都市と農村の間の地域でした

 街には牛車や馬車、それから自転車、そして乗客を乗せた三輪車と後部座席に二人乗りの三輪車の二種類が走っていた。 もう一つは、荷物を運ぶタイプで、3輪の平台です。

 そして、社会主義の兄弟国チェコから来たと言われる通称ビッグチェコと呼ばれるバスは、大きなガス袋を上に乗せ、まさに新エネルギー! もちろん、たまに大きなトラックや車もあって、それが通ると子供たちは「大きい車、大きい車!」と歓声を上げた。

 60年後の街は、赤い旗の上海ワルシャワから、どんどん見知らぬ車のブランドが増え、しかもそれらはすべて自家用車であることが決定的である。 北の三環状線の向こうには四環状線、五環状線、六環状線が整備され、新外街は繁華街として賑わうようになった。

 レストランのオーナーとあえて喧嘩をする客も、街中を走る自家用車の数が増えても、「誰が主導しても良い仕事をしている」「改革、開放、市場、そしてさらに科学と、良い時代が続くように正しい道を進んでいる」と言い続ける必要はないのである。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page