top of page

【8月27日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 エメラルドブルーの空、黄金色の朝日、一年中で最も美しい季節。

 北京、晴れ、最高気温26度、最低気温13度、大気質予報指数19、空気は綺麗です。

 最近、中国と韓国は国交樹立30周年を迎えました。 国家的なイベントであり、一般人にはあまり関係ないはずです。 しかし、本人は偶々これに関連する脇役になったことがあるので、今日は記念にここに書かせていただきます。

 韓国は中国の隣国であり、1945年まで植民地支配を受けていた韓国は、上海に臨時政府を置き、独立と解放を目指しました。

 第二次世界大戦中、朝鮮臨時政府も共和国政府とともに武漢、長沙から重慶に移りました。 戦後は上海に戻り、1945年にはソウルに戻り、韓国の統治を引き継ぎました。

 1949年以降、周知のように韓国は中国と交戦状態になった時期があります。 新中国のすべての映画や教科書で、韓国は敵であり偽善者として描かれています。 ほとんどのスポーツ競技において、中国選手が韓国選手に勝つチャンスがあれば、それは国家の勝利に他なりません。

 1987年に海外に留学したとき、同じ研究室に韓国からの留学生が5人いましたが、みんな賢くて上品で親切で熱心で、中国の映画やテレビに出てくる韓国人とは全く違っていました。

 植民地時代に宗主国が建設した鉄道、鉱山、港湾、工業施設は、間接的に韓国の近代産業の基礎を築いたのではないかという議論に対して、韓国の学生たちは断固として否定し、それらのインフラはすべて韓国の資源を略奪するために、悪い動機で作られたものであり、どうして韓国の工業化の基礎を築いたと言えるのかと強調したのです。

 ある晩餐会で、韓国の学生が韓国国歌を歌うことになり、少し話し合った後、数人の韓国の学生がすぐにバス・アルト・ソプラノの3声に分かれて、その「愛国歌」を立体的に歌い上げたのです。 その厳粛な表情と誇らしげな姿は、今でも忘れられません。

 留学生会会長選挙では、600人以上の韓国人留学生が推薦した候補者が、中国本土、台湾、香港、マカオ、東南アジアの華人・華僑1000人以上が共同で推薦した候補者に敗れ、その結果、生徒会会長の座を明け渡すことになりました。 選挙結果が発表された後、韓国の学生たちの壁が手をつなぎ、男・女、バス・アルト・ソプラノの6声に分かれて涙の合唱をしたのですが、それは私が今まで聞いた中で最も荘厳で感動的な「アリラン」でした。

 初めて韓国の地を踏んだのは2005年、済州島、釜山、ソウルの6泊7日でした。 特に、夕方、漢江大橋の下で、韓国の太鼓のグループが隊列を組んで練習しているのに出くわしました。 言葉は通じないが、太鼓の叩き方やジャンプの仕方などを教えてもらい、祖国に帰ってきたような親しい気持ちになりました。

 ソウル戦争記念館では、初めて、今まで教えられてきたこととは真逆の朝鮮戦争の紹介を見ました。見慣れた旗や軍服や武器が大量に目に飛び込んできました。 記念館の入り口には、金色の虎を中心にした白い旗が貪欲にはためいた。 それは、韓国軍のエース部隊である「白虎隊」のシンボルマーク......

 2回目に韓国に行ったのは2019年で、文喜相国会議長を表敬訪問したのですが、彼は「10数年前は韓国が中国より進んでいた分野があったのかもしれないが、今は中国が完全に韓国を追い越してしまったので、韓国は中国から学ばなければならない」と言っていたのです。

 私がソウルで中韓の若手起業家のプロジェクト発表会に参加した際、中国の若手起業家が、自分のプロジェクトにどうやって投資を得るか、どうやって短期間で上場するかということに非常に関心を持っていることに驚きました。 一方、韓国の若者の起業プロジェクトの多くは、人々の生活をいかに改善し、生活の質を向上させるかということに焦点をあてている。 中国が韓国から学ぶことは多いようです。

 2012年、中国と韓国が国交20周年を迎えた際、両国政府は、中韓国交20周年記念の重要な文化交流プロジェクトとして、CCTVとKBSが互いに時代を反映したドキュメンタリーを制作することを決定したのです。

 私が執筆したドキュメンタリー「漢江の奇跡」の企画は、光栄にもCCTVドキュメンタリーチャンネルに採用され、我々のチームはCCTVドキュメンタリーチャンネルから中韓文化交流20周年のドキュメンタリー制作を請け負うことになりました。

 著名なドキュメンタリー監督2名を招き、強力な撮影チームを結成し、ソウルでの取材・撮影を行いました。 チームリーダー選びには、かなりの時間を費やしました。 背が低く、がっしりした体格で、少し自己主張が強く、鼻に金縁の眼鏡をかけ、半島の北の指導者のような特徴と物腰でした。 この選択が功を奏し、韓国での撮影中、現地の人たちからよく目をかけられていました。 この人、どこかで見たことがあるような気がします。 彼じゃないと思うのです。

 『漢江の奇跡』は、韓国の経済的奇跡の離陸を描いたものではなく、映画、ドラマ、歌、さらには美容産業など、巨大な韓流がアジアや世界に流れ込んだ韓国の文化産業の発展に焦点を当てたものです。

 著名な俳優や監督から一般人まで、さまざまな人物を撮影し、芸術の夢を追いかける姿を追っています。 また、中国本土、香港・マカオ、シンガポール、パリでの韓流公演を記録しました。

 『漢江の奇跡』はCCTVのドキュメンタリーチャンネルで3回にわたって放送され、数多くの韓国ファンや韓流ファンの間で話題となりました。

 10年が経ち、昨年からKBS北京と連絡を取り合い、中国と韓国が国交回復30年前を記念して、韓国のデジタル経済の発展についてのドキュメンタリーをまたやりたいと考えています。 残念ながら、こうした発想はナイスアイデアとして保存しておくしかないでしょう。

 しかし、漢江の水は涸れることなく、次々と奇跡を起こし、歴史と時代を示してくれるものと信じています。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page