top of page

【8月26日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 秋に見るべき最大のものは、空高く浮かぶ、まるで絵画のような、色鮮やかで落ち着いた雲です。

 北京、曇り、最高気温29度、最低気温14度、大気質予報指数33、空気良好。

 今日はまだ、新しい発見や気づきがあったので、しばらくは新エネルギー車の話をしたいと思います。

 現在、中国には3億台以上の自動車があり、平均して4.5人に1台の割合で自動車があることになります。 新エネルギー車も1,000万台を突破し、来年度は少なくとも1,500万台に達する見込みです。

 新エネルギー車の台数は化石燃料エンジン車ほどではありませんが、すでに2〜3年経っている車も少なくありません。 そこで問題になるのが、これらの車を買い替えたいこと、つまり新車を購入したい所有者が、元のEVを中古車として販売することです。

 しかし、保険会社はEVの中古車には保険をかけませんし、中古車市場も2-3年落ちの中古EVには値段がつかないことで有名です。 問題はパワーセルにあり、買い手と売り手がそれぞれ違うことを言うのです。 売り手は、私のバッテリーは80%新品同然でまだ動くと言い、買い手は軽蔑したような顔をしています。

 そこで、客観的で公平な第三者によるパワーセルのテストが市場から求められていたのです。

 昨日、日中間の協力を進めている隣国の友人と一緒に、電池の検査技術を持つ中国企業を訪問しました。

 中国側が現在持っている技術とその市場プロモーションを紹介した後、隣国の友人も電池試験会社2社の技術を持ち出して交流しました。

 両者は同じ道筋で技術開発を進めており、アプリケーションのシナリオもほぼ同じです。 テストに要する時間だけは、現在、中国側は時間単位、隣国側は分単位で計算されています。 つまり、検出時間のレベルでは、隣国の技術の方が速いのです。

 中国側は、検査時間が長すぎると、顧客が待つことで忍耐力を失うだけでなく、検査ステーションの稼働率が低いと検査サービスのコストが高くなり、検査会社に損失を与えることになると告白しています。

 隣国の友人によると、隣国の技術研究開発企業はすでに中国で試験実験を行い、その結果、この試験技術一式が中国製のパワーセルにも適していることが分かっています。

 これを聞いた中国側の責任者がうれしく思いました。そう、技術に国境はありません、市場に受け入れられ、お客さまに使っていただける技術には意味と価値があるのです。 隣国の友人は、「技術協力だけでなく、資本協力も検討したい」と答えてくれました。

 会の終わりには、空はひときわ青くなり、秋の日差しもなくなり、収穫の喜びに満ちた空気に包まれました。

 何事も科学を尊重し、国際大会でのマスク着用もやめれば、中国の技術も市場もスムーズに進展するのではないか?


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page