top of page

【8月24日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 暗い雲はあるものの、日に日に過ごしやすい気候になっています。

 北京、曇り、最高気温27度、最低気温18度、大気質予報指数16、空気良好。

 昨日の朝はなかなか興味深い体験をしたので、ここで友人のみなさんに共有します。

 9月に新エネルギー車の販売モデルに関するフォーラムと試乗体験フェスティバルを開催するため、コンベンション・展示会の会社やスマートモビリティの会社の友人と打ち合わせをすることにしました。

 オフィスビルの1階の事務所に着いて、いつものようにコロナ健康APPをスキャンすると、スマホに「ワンワンワン」とコロナリスクありのポップアップ警告の音が鳴りました。

 「ポップアップがあるじゃないですか。」一緒にスキャンした見知らぬ女性は、なぜか宝くじが当たったかのように私を見て興奮していました。

 そうなんですか!? ポップアップが出たのは広州から帰ってきて3日目なので、新たに感染したのであれば、病気がとっくに広がっているのでは?

 怒りの感情を爆発させても無駄なので、社屋に入れないのは変わりません!どうしたらいいでしょう。

 そこで、私は他の2つの会社のパートナーに電話をかけて、ポップアップがあってオフィスに入れない恥ずかしい思いをしたことを報告することになったのです。

 私をなだめた後、3人はコーヒーを買ってきて、外で会うことにしました。

 そこで3人は、「瑞幸コーヒー」で買ったアイスアメリカーノを携えて、近くの元大都遺跡公園へと入って行きました。 小月河のそばに、3人で座れるベンチを見つけました。

 元大都遺跡公園の北部と西部は、私のフィットネスとハイキングの定番コースで、公園での生活の写真をよく私のSNSのタイムラインの中に入れています。 まさか、公園のベンチで新エネルギー車のマーケティングモデルについてミーティングをする日が来るとは思いませんでした。

 勤務時間中にもかかわらず、公園に多くの来場者で賑わっていました。 孫を連れた祖父母が次々と私たちのベンチの前を通り過ぎるのです。 みんな好奇心旺盛で、真剣な顔で議論している私たちを見ていました。 このおっさん3人組が公園での散歩ではなく、ビジネスミーティングのような感じでした。それなら、公園に来る意味はあるのでしょうか。

 公園でのミーティングは2時間近くに及び、最初のコンセンサスを得ることができました。新エネルギー車の販売モデルを議論するフォーラムを9月に開催することになり、ゲストスピーカーの予備的なリストが作成されました。 そこで、同イベントに試乗会を加える可能性が検討されました。正午、3人は実りある半日を終えて、元大都公園を後にしました。

 お昼をご一緒にいかがでしょうか? しかし、アプリのポップアップがあればどこにも入れません!。 広州から帰国した日に報告した居民委員会に直行しました。 居民委員会の方が親切にPCR検査の回数を調べてくださり、3日間とも陰性でした。 すぐにポップアップを解除され、1時間もしないうちに解放され、また自由になることができました。

 この年になって、今まで見たことのないものがあるのか? でも、公園での打ち合わせは生まれて初めてだったんです。 仕事の中に公園の緑があってもいいんじゃないかと、いつも思っているんです。 それとも逆に、公園の緑の中でもっと打ち合わせをした方がいいのでしょうか?


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page