top of page

【8月23日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 北京で最も美しい季節である秋は、空に浮かぶ雲までもが色とりどりです。

 北京、晴れ、最高気温28度、最低気温11度、大気質予報指数11、空気質良好。

 昨日のエッセイは、多少なりともEVの専門的な話題となり、新エネルギー車業界に対する私の大雑把な見方をお話ししましたが、まさか他業界に携わる友人が新エネルギー車を関心するコメントを残してくれるとは思いませんでした。

 19日に行われた広東省自動車流通協会主催の「新エネルギー新メディア新生活」フォーラムでは、EV製造会社の嶺南地域の担当者数名も招待しました。 その中で、販売実績のある自動車メーカーの担当者は、「今は新エネルギー車路線に群雄割拠しているが、このシナリオは長くは続かないかもしれない」と話していました。

 新しい技術路線でいくなら、スマートなインターネット接続、自動運転でいく、或いはコストパフォーマンスの高い市場ルートを取る、その間に、第三の道はないのです。 彼の見解では、現在の市場の販売実績は、トップ5に絞られていない場合は、新しい力の自動車メーカーであろうか、独立したブランド企業であろうか、合弁のブランド企業であろうか、もう、大活躍する機会はないでしょう。 そして、2030年のカーボンニュートラル以降に市場で競争できる自動車会社の数はおおよそ15社で、決して20社以上にはならないと結論づけました。

 頭脳明晰な人が多いということは、新エネルギー車産業の健全で成熟した発展を保証するものだと思われます。

 家に帰ると何もしたくなくなり、ソファに倒れ込み、「境界線」というネットシリーズを追いかけました。 ロケは、あまり見かけない合肥を選び、意外とスタイリッシュな首都を垣間見ることができました。 川と湖、魚と米の国、そして高層ビルが立ち並ぶ近代的な都市。

 合肥は新エネルギー車の都を目指す場所でもあり、ネットシリーズでは、奇瑞の色とりどりの新エネルギー車が登場します。

 また、ストーリーも魅力的で、高校2年生の女の子が突然倒れ、薬物の入った飲み物を間違って飲んでしまい、腎臓に障害が出たことが判明しました。一見、平凡なリストラ社員の父親は、毎日水を配達して生計を立てています。 娘を治すために質屋を襲ったことがきっかけで、麻薬の製造と密売という大事件に発展しました。

 このネットシリーズは、普通の善良な市民と犯罪者の間の境界線を探り、哲学的であると同時に親近感を抱かせるものです。

 ネット民族主義者、自称「公民市民居民」さんは、常に大きな旗を掲げ、何百万人もの一般市民が従う反資本主義運動のヒーローであったが、今や全ネットから追放されています。 昨日は、出国を止められたという噂もありましたが、本当でしょうか?なぜ突然このような状況に陥ってしまったのでしょうか。

 「境界線」の教訓は、普通の善良な人々も、ふとしたきっかけで強盗や犯罪の道に走ることがあるということです。 略奪の対象は有形の財産かもしれないが、無知な人の心も奪うかもしれないので、くれぐれも要注意です。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page