top of page

【8月22日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 昨日の豪雨が、今日の涼しさと広がる霧をもたらしました。

 北京、曇り、最高気温32度、最低気温25度、大気質予報指数35、大気質良好。

 広州での取材を終えた友人たちは、新エネルギー車について、「駆け込み需要で生産能力が過剰になり、バブルになるのではないか」、「新エネルギー車の普及はまだこれからだ」と率直な意見を述べました。 また、他の友人からは、「自転車シェアリングの教訓を生かすべきではないか。」と指摘しました。

 個人的には、これらの疑問や懸念は客観的かつ合理的であり、これらのコメントや批判さえも貴重であり、耳を傾け、傾聴する価値があると思うのです。

 中国では、新エネルギー車産業が10年近くの発展を経て、世界最大の生産・販売市場になったことは紛れもない事実ですが、そこには確かに一連の悩みが隠れています。

 不完全な統計によると、現在、中国の新エネルギー車の年間生産能力は2200万台ですが、昨年の実際の生産・販売台数は350万台と、能力の7分の1程度に過ぎません。 今年の新エネルギー車の生産・販売台数は500万〜600万台に達すると予想されますが、これは既存の生産能力の4分の1にすぎません。

 月産1万台以上をコンスタントに供給できるブランドは20社にも満たないという。 毎年、年間生産・販売台数が1万台未満の新エネルギー車ブランド40社近くが市場から撤退し、業界名簿から上場廃止に追い込まれています。

 新エネルギー車の好調な立ち上がりに際し、各レベルの政府が実質的な補助金の支給を含め、一連の規制や支援策を導入したことは否定できません。 この状況を好機ととらえ、補助金をごまかすために急いでモデルを組んだ悪徳業者も少なくありません。 残念ながら、補助金政策は、大量生産・大量販売しなければ、単純に補助金が出ないように、きっちりと織り込まれているのです。 その結果、多くの新エネルギー車の会社やブランドが閉鎖され、市場から姿を消しました。

 新エネルギー車の開発に真剣に取り組んだ企業の中には、残念ながら前衛的な車載技術に研究を集中させ、市場の需要に応じた研究開発を忘れてしまったところもあります。 その結果、一部の企業は一見新しくてスタイリッシュな新エネルギー自動車が、多額の費用を投じて販売されているにもかかわらず、注目されないままになりました。 また、すでに設計されたものの、試作品が市場に出ずに死蔵されているものもあります。

 このような事例は決して少なくなく、新エネルギー車産業への疑問の声が上がっているのは当然です。 しかし、市場は解剖用ナイフであり、虚偽を取り除くのに役立つものです。

 現在の新エネルギー自動車が「本当に環境に優しいか」をめぐって論争が巻き起こっています。 例えば、パワーセルの電力源についての疑問や、使用済みバッテリーのリサイクル方法についての不安などがありますが、個人的には、これらの考えは客観的で先見性があると思います。

 しかし、尊敬に値する別の哲学があるのでしょうか? 炭素削減は中国だけの目標ではなく、欧米や日本、韓国などの先進国では、2035年までに化石燃料のエンジン車の生産を禁止する、あるいは車単体でゼロエミッションを達成するという実施目標を打ち出しています。 これらの取り組みは、2025年までに新エネルギー車の生産・販売台数を全体の20%にするという中国の第14次5カ年計画よりも、実はずっと過激で厳しいものなのです。

 つまり、化石燃料の石炭から発電した電気を動力源とするパワーセルであっても、電気自動車は化石燃料エンジン自動車よりもはるかに環境に優しく、確実に二酸化炭素削減に寄与しているのです。 まずEVなどエコカーを一定期間走らせて効果を見るべきではないでしょうか。 現在、電源電池のリサイクル・再資源化については、各国の研究機関やメーカーが研究開発を進めており、近い将来、科学的なソリューションが登場することが期待されています。

 新エネルギーがいつ石炭や原油に代わる発電源になるかについては、人類共通の目標なので、すぐに実現しなくてもその方向へ進めているので急ぐ必要はないかもしれません。

 発電に石炭や原油を使わなくなった水素やメタノール燃料はすでに発明されていますが、コストが高く、当面は市場化・普及が見込めないのです。 私自身は、水素とメタノールは次世代の新エネルギーの最良の選択肢であり、それらがもたらす歴史的な進歩や変化に期待できると考えています。

 全体として、大義が力強く進んでいるときには、より理性的で冷静な考えや声があってもいいのではないでしょうかと思います。 新エネルギーやEVについて、人類の発展の歴史と照らし合わせて、今の不十分な足取りを受け入れる、あるいは許容することも必要ではないでしょうか。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page