top of page

【8月20日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 青、白、赤の3色で構成された広州の朝。

 北京、晴れ、最高気温30度、最低気温22度、大気質予報指数14、大気質良好。

 広州、曇りのち小雨、最高気温31度、最低気温26度、大気質予報指数13、綺麗な空気。

 昨日の午後、広東省自動車流通協会主催の「新エネルギー新メディア新生活」サミットフォーラムが広州の番禺で開催されました。 省内の自動車ディーラーや工業系企業150社以上が代表者を派遣し、会議に出席しました。

 1月から7月までの統計に基づき、上半期の新エネルギー車市場の動向を共有し、特に新エネルギー車の直販モデルが自動車代理店の販売モデルに与える影響と効果を紹介しました。 また、自動車メーカーの直販モデルによって起こりうるリスクに対して、販売店がどのように対応すべきかを出席者と議論しました。

 充電設備の運営、中古車、インタネット配車とカーシェア、解体車、リサイクル・リユースバッテリーなど、さまざまな事業に挑戦する4S販売店の活用が語られました。 4S販売店やオートタウンのように路上に条件があるところでも、カフェや書店、焼肉店などを運営することができます。 顧客フローを引き寄せるだけでなく、新規事業プロジェクトによるキャッシュフローを生み出し、コストオペレーションを守ることができるのです。

 セミナー直後、中国南部の大手インターネット企業のトップから声をかけられ、「彼らが自動車市場への参入について、私はまったく何も知らない!」と指摘されました。 彼らは、自動車会社のスマートネットワークソリューションのサプライヤーではなく、製造から販売までの全チェーンに責任を持つ、正真正銘の自動車会社なのです。

 このインターネット企業が生産する電気自動車は、すでに月産数万台の規模で納品されているそうです。私は、インターネット会社のクルマづくりについて十分に知らないことを告白し、もっとアピールしてほしいと思い、11月初旬に珠海で開催される年次総会に招き、講演と自薦を依頼したのです。

 また、友人の一部は、私が自分の友人の輪の中で共有したことに好奇心や驚きを示してくれました。 それは、カーディーラーが喫茶店やバーベキューなども経営できるという新しいアイデアに目をつけたからです。 実際、これからの自動車流通は、もう車を売るだけでなく、お客様のニーズに応じて車に関連するサービスや情報、データを提供することが重要です。 ケータリングやスポーツ、ゴーカートなどのサービスも提供する予定です。

 夜は「木綿」というレストランで、「最高流」の広東料理を堪能しました。 正直言って、どの料理もとても美味しく、北京の北京式炒め物よりはるかに美味しかったです。

 広州で広東語、上海で上海語、鄭州で河南語を喋るのは自然で、広州で広東語が話せればいいように、どこでも自分のことは自分でやれば、社会は順調に発展していくのだと、広東語の刺激的な環境に浸りながら感じました。

 ホーサイレイ(広東語で「とても鋭い」という意味)」という広東語のフレーズを覚えましたよ。 意味は「とてもパワフル」! すべての家庭に "ホーサイレイ"で、人々が安心して幸せに暮らせ、家や車を買うお金ができて、自動車産業や不動産業の発展が促進されることを心から願っています。 そうして初めて、ホーサイレイよ、我が国!と言えるのです。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page