top of page

【8月19日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 広州の東の空は、赤に彩られている。

 北京、霧、最高気温32度、最低気温21度、予報指数33、大気質良好。

 広州、晴れ、最高気温33度、最低気温26度、予報指数22、優れた大気質。

 昨日、北京から広州まで高速鉄道G337に乗ったのですが、河南省の領土になるまで、空は次第に青くなり、雲は次第に白くなっていきました。 中央平原の8月は、まだ緑のモヤモヤが残っています。 広大な平原にトウモロコシやソルガムや大豆の秋作がしっかりと立っていて、敷き詰められた秋の穀物は基本的に飼料用で、粗い穀物はほとんど食べられなくなっていることを知ったのです。

 湖北省に入ると、地形は起伏に富み、低い丘には白壁の家々が点在するようになった。

 列車が長江を渡るとき、洪水期の川の波がないことに驚き、かつてこのあたりを満たしていた川の跡まではっきりと見えた。

 長江の南側では、湖や池が多くなり、今年の二期作である晩稲の田んぼはまだ青々としている。 神尾の稲刈りが本当に賑やかになるのは、少なくとも数カ月後のことだろう。

 河北省、河南省、湖北省、湖南省のいずれでも、村の農家はますます美しくなっている。 白壁に赤い屋根のバンガローでも、グレーと白の2階建ての小さな建物でも、ここを通る「都会人」の羨望の的であり、鳩胸に身を寄せているのだ。 リッジに入ると、2階建ての小さな家々が、彫刻の施されたコロネードやドームを持つ宮殿となり、ジュネーブ郊外かフランスのニースか南バイエルンにいるような錯覚に陥ります。

 鄭州東駅から中年の両親と大学生らしき息子の3人家族がやってきたときの奇妙な体験をお話ししましょう。 私の席まで来て、「お兄さん、席が違うよ」と親切に声をかけてくれた。 ここが私たちの席です。 母親が携帯電話を取り出すと、「8月18日、G337、15号車、03F!」と書いてあった。

 昨日の朝、チケットを買うときに、19日と18日を間違えて19日のチケットを買ってしまったのでパニックになりました。 主催者から何度も念を押され、ようやく変更することができたのです。 確かに、年をとると脳の働きが悪くなりますね。

 平静を装い、携帯電話を取り出してチケットをクリックした。 私のEチケットにも、8月18日のG337の15号車に03Fと書いてありましたよ。

 どうしてそうなるのか? コンピュータによるチケットの全国ネットワークではないのですか? 駅の切符売り場にも行っていないのに、どうして重複して販売されているのだろう? 反対側のお姉さんもネットで、何日も前にチケットを買っていたのに、どうして重複して販売されているのでしょうか?

 私たちは車掌を呼び、その車掌は私たちのIDチケット情報と、彼ら自身の小さなプログラムを再確認したのです。 確かに、発券システムに問題があり、同じ席のチケットが2回売られていたのだ。

 幸い、機内は人が少なく、皆それなりの人数だったので、鄭州の友人たちは隣の席を見つけて、何も言わずに座っていた。

 そのわずかな確率に動揺することもなく、夜明けに広州に入るまで窓の外を眺めていた。

 ホテルのロビーには、すでに早稲田大学のOBが待っており、「何を食べるか? 私は、「屋台だ!」と言いました。

 夜遅くなっても広州の街は多くの人で賑わい、夜食を食べる人が後を絶たず、夜市のようなゆったりとした幸せな雰囲気が漂っていた。

 中国南方航空が北京から広州へのフライトをキャンセルした理由は「公共の安全」だったが、深夜でも路上でワイワイと食事をしている広州人を見て、「どこに向かっているんだ」と思った。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page