top of page

【8月18日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 霧雨のような、水墨画のような風景です。

 今日、私は当初、北京大興から広州白雲行きのCZ3106便に乗る予定でした。

 午前7時、中国南方航空のカスタマーサービス、中国南方航空公式サイト、CtripのSMSで、フライトはキャンセルされ、明日の同じ時間に出発するとの連絡がありました。

 今回の広州出張は、明日開催予定の広東省自動車流通協会の年次総会に出席し、「新情勢におけるディーラーの生存の道を考察する」というテーマを発表するためです。 明日出発では、間違いなく手遅れになります。

 欠航の連絡後、中国南方航空カスタマーサービスの王岳倫さんは、実は余分な仕事である他社便の座席探しを手伝ってくれているのです。 わざわざ手伝ってくれたのは感動的でした。

 しかし、他社の便は欠航か満席で、仕方なく空路をあきらめ、陸路で行くことにしました。

 北京西駅から広州南駅まで高鉄特快最速で7時間、高鉄普通列車では10時間かかります。

 残念ながら、運が悪いと全てにおいて運が悪くなります。 7時間の列車に空席がなく、10時間かかる高速鉄道を選択せざるを得なかったのです。

 西駅に着いたとき、朝食を食べていないことに気づき、お腹が空いていました。 そこで、私は「永和大王」という店に入り、空腹を満たすために油条を注文しようと思いました。 油条やフライドポテトを食べ過ぎるとバカになると言われ、だから、普段、家の朝食では揚げ物には手を出さないんです。 朝食を食べようと席に着くと、お店の人が「もう9時過ぎだから、普通の食事しか頼めないよ!」と言ってきました。 普通の食事とは? 肉マンと油条が一体になった食事です(写真5)。 それしかないのか? まあ、明日の朝まではこれだけで、それ以外は麺類やご飯を食べればいいんですけどね。 まあ、油条があればそれでいいんですけどね。

 朝食後、高鉄の列車に乗ると、Ctripでは猛烈なチケットラッシュでしたが、私が乗り移ったのか、車両は空っぽ!?

 窓際に座って外を見ると、北の方はまだ灰色の靄に覆われていました。 南部はどうですか? 黄河も長江も湘江も珠江も越えてみせる! どこまでも続く景色は、刻々と変化し、感動を与えてくれることでしょう。

 同じ夏でも、途中の景色が違えば、私の長い旅に喜びと安らぎを与えてくれるかも?


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page