top of page

【8月16日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 夏の間、太陽がどんどん北上していくので、南向きの窓から朝日を撮影することはできなかったのです。今日は初めて、夏が終わり太陽が南に戻ることを意味する、東から昇る朝日を撮影しました。

 北京、晴れ、最高気温31度、最低気温19度、大気質予報指数18、大気質良好。

 昨日が新暦の8月15日で、毎年必ずと言っていいほど賑わう日です。 日本が降伏を宣言し、敗戦してから78年経った今でも、国会議員や閣僚の一部が靖国神社参拝を続けています。 これには口々に批判があり、コラムニストの理屈はよくわかるので、ここでは繰り返さないことにします。

 8月15日に話題になったのは東京ではなく蘇州で、日本風の淮海街で日本の浴衣姿の若い中国人女性が撮影され、トラブルを誘発した疑いがあると制服を着たおじさんに連行された事件でした。

 この行動はインターネット上で炎上し、一部のネットユーザーは制服のおじさんの行動を支持しましたが、大半は懐疑的でした。

 まず事件が起きたのは8月10日であり、8月15日という微妙な時期ではありません。 次に、少女は和風いっぱいの路上で写真を撮っていただけで、違法・無秩序な行為・行動はしていないのに、なぜ「挑発・迷惑行為」の疑いがあるのでしょうか。 そもそも、なぜ街中で大金を使って和風の街並みを作ったのですか? それに、「着物」を着ているだけで連行されるのなら、洋装の人はどうなるのでしょう。 実は、今の国のドレスコードは、西洋のズボンと呼ばれる長ズボンなど、伝統的な唐人や中国人の衣装ではないのです。

 着物は呉の衣装でもあり、呉の衣装は古くは蘇州を含む江南一帯の衣装でもあるというのが、多くの教養あるネットユーザーが指摘していました。 着物を着た女性を任意聴取することで、先祖の恩義を忘れてはいないでしょうか?

 蘇州は長江の南、上海に近い有名な都市で、いち早く開国し、経済的にも文化的にも発展しているのに、どうしてこんな愚かなことが起こるのでしょう。 しかし、多くのネチズンが話題にしていることもあり、今回は理解者が多数派だったようで安心しました。

 でも、やっぱり納得いかないのは、別のネットインフルエンサー大物が「陰謀だ」と真面目に記事を書いていることです。日本帝国の陰謀か! 安倍暗殺、岸田内閣改造、政治家の鬼神社参拝、蘇州の「浴衣事件」、これらの行動はすべて反中国だ! 考えてみれば、これらそれぞれ関係ないんですよねー。

 われわれはネットでちょっと書き込むと、気をつけないと「狭い暗室に入れられる」(中国ネット用語:発言禁止の意味)。 WeChatで発言できても、同じ発言は新浪WeiboやToday's headlinesで発信するのは難しいかもしれません。 しかし、このような国民を騙す「陰謀論」の言論は、大手を振って削除されずに堂々と載せられます。 彼らは、同じく「闘争哲学」に洗脳されたネット審査員から崇拝されているのでしょうか。 ネット上の意見では、1960年代、1970年代の雰囲気が醸し出されており、モヤモヤしています。

 コロナ禍の流行に伴い、多くの困難な課題に直面しており、やるべきこと、やらなければならないことがたくさんあるのですから、写真撮影のための浴衣についてくだらないことを言うのはやめましょうよ。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page