top of page

【8月14日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 早朝、小雨、涼しくなるかなぁ?

 北京、雨、最高気温29度、最低気温22度、予報指数58、大気良好。

 ここ数日、ネット上では次々とクライマックスが訪れ、賑やかな日々を過ごしています。

 あの有名な司会者のセクハラ案件は二審でも無罪判決が出て、司会者を訴えた原告があの若さで自分をさらけ出した動機は何だったのだろう? 司会者のスタイルが好きかどうかということと、有罪かどうかということは別の話です。 正義を信じろ、司会者が既に放逐されて久しい、キャリアが削られた、法的正義は公正で不偏不党であることを信じましょう。

 ある愛国的なネット有名人さんも、最近は大変なのでしょう。 彼のアメリカでの不動産購入について、ネットの達人たちが延々と睨んでいるのはなぜだろう? 祖国と北朝鮮をこよなく愛する彼が、なぜ妻子を米国に留学させ、住み込み、財産を購入したのか。 実は、市民権を得たこの愛国を標榜するネット有名人さんは、昔、「反米は仕事、渡米は生活」と答えています。また、「息子がアメリカに留学しても、毛沢東のアイデンティティで教育ができる」とも。 ただ、毛沢東の思考のどの段階で、どのように子供を教育したのかが気になるところです。 むしろ、毛沢東の思想を学ぶには中国が最適ではないでしょうか?

 私の親愛なる友人であるBig Brother Wは、以前、この愛国的なネット有名人さんに疑問を呈する人々のほとんどは、社会的エリートであると言っていました。 そして、彼を受け入れた人たちは、ほとんどが草の根の庶民たちだったのです。ネットのお偉いさんたちは、いつも市民籍がアメリカにもあり、海外で家を買ったという事実を利用して、彼を叩くのでしょうか、敵国アメリカに不動産を所有しているという事実を利用して、愛国的なネット有名人さんの正体を認識し、草の根の支持者を目覚めさせるためでしょうか。

 最近、高速鉄道で大規模な発車遅延の障害が発生し、予告もなく、その後の説明もなかったと報道されています。 おそらく、関係当局は事故の原因を調査中で、真相は後日発表されるのだろう?

 しかし、愛国心の強い国民は待ちきれずに、敵対勢力による妨害工作の結果である「スパイ事件」だと非難する記事を掲載しました。 高速鉄道のシステムは、すべてデータに基づいているため、ネットで簡単に妨害された可能性があるのです。 これは、カーシェアリング会社による個人情報流出、ニューヨーク証券取引所からの中心企業の上場廃止、さらには台湾海峡の緊張につながるものです。

 このような発言を見ると、脳裏をよぎりますね なぜ、そのような警戒心がないのでしょうか? それでも、出発の大幅な遅れの真の原因を突き止めるためには、科学的かつ体系的に断層を検証することが必要であることを、高速鉄道の経営陣に心から申し上げたいと思います。 この人たちの声が大きいからといって、40年以上も前に捨てられた「闘争の哲学」が、再び高速鉄道の正常運行の妨げにならないようにしてください。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page