top of page

【8月13日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。



 朝霧で遠くが見えない。

 北京、霧、最高気温32度、最低気温24度、大気質予報指数75、空気状態良好。

 中国の主要中央国営企業6社がニューヨーク証券取引所から一斉に上場取り止めました。その理由は、融資機能を享受していない、運営コストが高すぎる、上海・深セン・香港の3株式市場があり、融資も受けられる、など極めて市場性の高い言い方でした。

 ペロシが台湾に飛んだとき、国内では多くの愛国者たちが、これに対抗するために、中国資本が買った米国債などの投資・金融商品を一斉に売り払い、米国経済を混乱させるかどうかを問うたのだ。

 朝霧で遠くが見えない。

 北京、霧、最高気温32度、最低気温24度、予報指数75、大気状態良好

 中国の主要中央企業6社がニューヨーク証券取引所から一斉に上場廃止となった理由は、融資機能を享受していない、運営コストが高すぎる、上海・深センの3市場にあり、融資も受けられる、など極めて市場性の高いものである。

 ペロシが台湾に飛んだとき、国内では多くの愛国者たちが、これに対抗するために、中国資本が買った米国債などの投資・金融商品を一斉に売り払い、米国経済を混乱ささせてはどうかと呼びかけたのです。

 北方友好国ロシアがその隣国に対して「特別軍事行動」をとった時、米国とその同盟国も同じように金融制裁を行い、ルーブルと米ドルなどの外国為替取引との交換を禁止することさえ行っていました。

 現代の紛争において、金融は抑制や 抵抗の手段にさえなっており、国債を売り払うよりも、市場から撤退する方がよっぽど優しく、市場性もあるようです。 ただ、どれくらいの効果があるのかが気になりますね。 中国の大手中央国営企業6社に影響はないのか、あるいは損失はないのか。

 特に、初期の中国国営株・中国資本株の米国市場やニューヨーク証券取引所へ大参入の背景を理解したいし、中国側の長年の貿易黒字に対する補償なのでしょうか。本当にアメリカの資本市場から資金を調達するつもりだったのでしょうか。 それとも、アメリカへの影響力を維持するために、ユダヤ人が資本を保有していたような動機だったのでしょうか。もし、これが正しい選択であったなら、現在、これらの主張は一つも存在しないのでしょうか?

 数年前、ある空軍将校が講演で、アリババの株は外国人が過半数を所有し、NYSEに上場し、中国で操業していることを指摘し、鋭く指摘しました。 中国の人々が苦労して稼いだお金を十分に稼いだ後、アメリカの投資家が腰を据えて利益を得ることができるのです。 "これこそが問題の本質であり核心だ!" つまり、中国はアメリカ資本に侵略され、中国国民はアメリカ投資家に搾取されてきたのです。

 2011年3月11日、日本の東北地方で地震と津波による災害が発生しました。 福島第一原子力発電所は震災の影響を受け、二次的に核燃料漏れが発生しました。 所有者である東京電力は、災害救助が不十分であったことを非難され、それが原発の漏洩を拡大させることになりました。 中国を含む国際世論が一斉に非難する中、東電の海外筆頭株主が中国の国有投資会社であることが判明したのです!? 一方、米国では不動産会社や金融商品など多くの有力企業が、その大株主である中国国有資本であることが明らかになりました。 もし利益がなければ、どうして国が海外投資に踏み切れるのでしょうか。

 これも明らかにビッグゲームであり、先見性に富んだレイアウトと言いますか。その理屈も、海外投資、海外上場、海外株式保有は、明らかに「人類運命共同体の構築」という壮大な青写真の一部であり、資本運営を通じて、中国企業が中国の金融概念を使ってその価値を維持・評価し、中国が資本市場を通じて国際的影響力を維持・行使できるようにするためのものでしょうか。

 このように考えると、私たちはもっと永続的、合理的、客観的な姿勢と視点で海外投資を見るべきではないでしょうか。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page