top of page

【8月11日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 今日も晴天にもかかわらず、少し涼しく感じられました。 夏の暑さが少し恋しくなるなんて、ちょっとビッチだと思いませんか?

 北京、晴れ、最高気温32度、最低気温20度、大気質予報指数53、大気良好。

 昨日は、自動車流通協会のリーダーたちと一緒に、隣国の銀行から訪れた友人たちとの懇談会に参加しました。

 2時間近いやりとりの中で、隣国の銀行の友人の観察が面白いものがありました。

 彼によると、その隣国の自動車流通分野では、新車であれ中古車であれ、統一した広告キャンペーンは行われるものの、通常はディーラーがメーカーに車を卸しに行ったり、市場で中古車をリサイクルしたりして、4S店に来てくれるお客さんを待って、車を見たり買ったりするのだそうです。

 近年、中国では、ディーラーがプラットフォーム上で新車や中古車を展示・販売するプラットフォーム経済が急成長しています。 豊富な情報と価格の透明性だけでなく、消費者はブランド同士を比較することができます。 全国の消費者がプラットフォーム上でクルマを見て、選び、注文までして、4Sショップで納車・体験しているのです。 プラットフォーム経済モデルという観点だけで、中国はその隣国をリードしているのです。

 隣国の銀行の友人の観測は、協会のリーダーや同僚たちを驚かせました。 長い間、隣国の自動車産業は常に中国の先を行っており、隣国は常に中国が学ぶべき手本であったのです。 中国のプラットフォーム経済モデルが、自動車流通の分野でその隣国を凌駕していることに、大きな感慨を覚えたのです。

 隣国の銀行の友人は、中国の電池メーカーとのやりとりによると、2025年には電力用電池の原材料がさらに不足するとの考えを伝え続けています。 その頃には、古い電池の原材料をリサイクルして、再利用の循環型経済を形成することが、パワー電池の原材料不足を補う有効な手段になっているかもしれません。

 これまで、使用済みの電源電池は、電解液が環境汚染を引き起こす可能性があるため、リサイクルするのに苦労していました。 しかし、使用済み電池のリサイクルは採算が合わないため、業界関係者には使用済み電池をリサイクルするインセンティブがあまりありません。

 使用済みバッテリーをリサイクルすることで、新エネルギー自動車の産業が活性化するのは良いことです。

 中国の新エネルギー自動車が欧州、中東、東南アジアの市場に進出しているように、今後は新エネルギー自動車を積極的に海外に輸出するだけでなく、その部品やパワーセルのリサイクルにも気を配らなければならないかもしれません。 低炭素化のメリットを享受しつつ、一石二鳥の方法です。

 近年、ダブルサイクルの取り組みが盛んに行われています。 グローバル経済の統合が進む今日、内部循環と外部循環をどのように区別するのでしょうか。 いずれにせよ、このサイクルは自分の家の玄関先から始めなければならないのですね。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page