top of page

【8月10日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


秋雨が降るたびに寒くなるなんて冗談で言っていたのですが、まさか涼しくなるなんて予想外でした。

 北京、晴れ、最高気温29度、最低気温18度、大気質予報指数26、大気質良好。

 新エネルギー車に関する4つのフォーラムが同時に準備されていますが、全国的にコロナの流行が繰り返されていたため、すべて詰め込まれた状態でした。 準備作業をしながら記者や友人からの質問にも答えなければいけず、新エネルギー車を地方はどう発展すべきかなどの難問も含まれていました。信頼してくれてありがとう。でも実際は、私も走りながら考えており、洞察力と知識を得るために、実際にやってみて勉強しています。

 仕事から帰ると、ソファに身を沈め、仕事とは関係ないものを見て、リラックスして脳を休めたくなりました。

 こうして見つけたのが、CCTV-8で放送中の黄暁明、袁泉、余飛鴻、王志飛主演の職場ドラマ「薔薇の戦い」です。

 放送された4つのエピソードを見る限り、テンポが良く、ストーリーはエキサイティングで、演技も的確で、見続けたいと思いました。 しかも、夫婦の不倫や離婚、愛の殺人など、一見プライベートで道徳的なテーマがCCTV 8で堂々と放映されることになり、社会がいかにオープンで寛容的になってきたかということがよくわかります。

 その結果、カササギが早朝に窓の外の梢でちょっと鳴く前に、犬の散歩をしているおじさんに追い払われてしまうように、この「薔薇の戦い」はこの前から盗作疑惑があるんだと報道されていました。

 「『薔薇の戦い』は「The Good Wife」の中国版だ」ということが世論に広く知れ渡っていたのです。

 後者はアメリカのドラマ、シカゴを舞台にした法律事務所を舞台に、夫に浮気され、家族を養うために別居を余儀なくされた女性弁護士が職場に復帰する物語を描いています。 幸いなことに、私はファーストシーズンを視聴できました。後のシーズンは周知の理由で、一時期中国での上映を取り下げられました。

 インターネット上では、「薔薇の戦い」が「The Good Wife」を細部に至るまでコピーしているのではないかという記事が溢れかえっていました。

これに対し、「薔薇の戦い」のプロデューサーは、「『The Good Wife』の模倣ではない」「それぞれの作品にストーリーがあり、模倣はない」と反論しました。 だから、クレジットには「『The Good Wife』の改編・リメイク」という表記もありません。

 海外ドラマのリメイクは、日韓間でのリメイクや、アメリカドラマの日韓でのリメイクなど、昔から数多くあります。 ただ、お互いにリメイク契約を結んでいるので、クレジットには積極的にある番組のリメイクであることが記載されます。 キャストも場所も違うが、リメイク版は親しみやすく、自国の視聴者に人気がああります。

 「薔薇の戦い」は細部が「The Good Wife」に似すぎているので、正直にリメイクであることを明言したほうがいいかもしれませんね。 後知恵ですが、オリジナルプロデューサーとの出版権訴訟もあるのではないでしょうか? 経済的な損失が発生するのでは? だから認めたくないのでしょうか。

 個人的には、「薔薇の戦い」のプロデューサーには、疑問を正直に話して、このまま放送を続けてほしいと思っています。

 だって、「薔薇の戦い」は本当によくできているんだよ。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page