top of page

【8月1日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 曇天に朝霧、雨が降るのか?

 北京、霧、最高気温34度、最低気温25度、大気質予報指数59、大気質良好。

今日は中国人民解放軍の祝日にあたりますが、軍人の友人とそのご家族にお祝いとご挨拶を申し上げます。

35年前、初めて外国に足を踏み入れた私は、どんな話題も口を開けば人民日報と新華社のような口調であり、その雄々しさで周囲を圧倒しなければならないほど、常にプライドと闘争心に満ちていました。

 時が経つにつれ、先生やクラスメート、友人たちから、プライベートな場面で「リラックスしなさい、なぜいつも国家や政府の代表として発言しなければならないですか。あなたは政府の広報担当者なのですか?」と静かに忠告されたことがあります。

 そのことに疑問を感じてから周辺を観察するようになると、自分の同胞は別として、周囲のあらゆる世代の人たちが自分の言葉で意見を表現し、公式なスポークスマンのような口調で話していないことがわかったのです。

 そこで、私も心を落ち着け、「腰を据えて」、冷静に自分の考えを自分の言葉で表すようになりました。

 帰国してみると、周りのほとんどの人の口調や話し方が変わっていて、ずっと優しく、親しみやすく、礼儀正しく、家庭的で、力強く堂々としていなくて、耳に心地よく響くようになっていました。

 どういうわけか、この数年、人々は、どんなときでも、怒りと正義感と熱狂に満ちているようです。 皆の口調は、国や政府を代表して、中南海の意思決定会議に出席し、民衆の前に出てきて号令をかけることを任されたような感じでしょうか。 心臓がドキドキしてそわそわしているのを聞きながら、これって、これから戦争でも起こすか?

 例えば、太平洋の向こう側の衆議院の議長たちは基本的に行政機関ではなく民意を代表する議員であり、ホワイトハウスは何もできないなど、基本的な常識を持ってから発言することが必要な場合が多々あります。 彼女たちがやりたいことは、自分たちが政府の代表としてではなく、政治家として見せかけの部分が多いのかもしれません。

 公式のスタンスは十分理解できるし、尊重されるべきだが、立場を表明することも必要でしょう。 しかし、我々一般市民も同様に叫んで、同じ敵討ちをして、表面上はかなりすっきりしているように見えますが、実はトラブルを助長している疑いがあるのです。

 火に油を注いだから、政府はもう打つ手がないんですよ。 本来は威嚇や抑止が目的なのに、強引に問題を炎上させたことで、戦略や戦術が損なわれてしまったのではないでしょうか? その結果、賢明で勇敢な政府は今、戦略を調整し、個人的な行為と称して、私たちは彼女を無視しているのです。 これからどうするんですか?

 だから、合理的で賢明なアドバイスをするのはいいが、盲目的な追従者になってトラブルを起こさないようにしましょう。 民間人としての仕事をすればいい、自分の言葉で自分の意見を言えばいい、料理の仕方、健康維持の方法、運動はウォーキングやハーフマラソンそれとも室内ジムの方がいいのか、上司とどう付き合えばいいのか、同僚とどうコミュニケーションを取ればいいのか、まだ子供を塾に送っていく必要があるのか。 などの話をすればいいのです。

 どのように毎日の生活を安心して楽しく送るかを分かればいい、政府の広報担当者や代弁者のような身振りを、本当に手放していいんです。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page