top of page

【7月26日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 人々がまどろむときに吹き出す波紋のように、朝霧が低く漂っています。

 北京、晴れ、最高気温31度、最低気温23度、大気質予報指数55、大気良好。

 昨日の話題に引き続きます。その王府井百貨大楼デパートの南側に「王府井セントラル」というビルが建っていました。 ナイス!セントラルとは香港の中環ということだから、香港資本の商業ビルのはず? 王府井百貨大楼デパートがリニューアルしてグレードアップしたのとは違い、高級感と贅沢さのDNAを受け継いだこの場所は、皇族の宮殿のようなデザインと装飾が施されています。 王府井セントラルの中央には、サッカー場ほどの中庭があり、とにかく贅沢なほど広々としています。

 周囲は高級ブランドのフラッグシップ店ばかりで、dunhill、DIOR、GUCCIなどは2〜3階建ての目立つ位置にあります。

 1991年、出張を利用して、初めて香港のセントラルに行きました。 ある大型ショッピングセンターで、ガラスのショーケースに吊るされた青と黒のカシミヤのコートに、上部の4つの角度からレーザー光線が照射されているのを見たのです。 このベビーカシミアのコートは11,000香港ドルで、当時は10,000人民元に相当する価格でした。 当時、日本の自動車会社に入社したばかりの下っ端社員にとって、1万元は間違いなく巨額であり、目の保養としてそのコートを見るしかなかったのです。

 不思議と思って、つい販売員の女性に「香港の冬にカシミヤのコートは必要ですか?」と尋ねてみました。「 中国本土、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアのビジネスマンがここを通過し、香港は安いから何でも買うよ。」と、彼女は歌うような北京語で話してくれました。

 東京に帰ってから、香港の物価の安さを確認するために銀座に行ったんです。 銀座のデパートで、同じスタイルの青と黒のカシミヤのコートが、ショーケースもレーザー光線もないタンスに15万円、当時は1万5千元でぶら下がっているのを見たことがあります。案の定、香港のセントラルで安く売られていました。

 1着15万円!内モンゴルの大草原で採れたこのカシミヤのコートを、距離を置いて眺め、憧れと尊敬の念を捧げるばかりでした。

 東京の渋谷は、若者たちが食事や買い物に集うヒップな街です。 しかし、渋谷は私のような中高年にも好かれることがあります。 出張の際、友人に紹介された渋谷の洋服屋さんでは、時代遅れのブランドやサイズアウトしたブランドを扱っていました。このまるで貴族が草の根になったような場所で、香港のセントラルや東京の銀座を飾っていたそのカシミヤのコートが1万円で売られていたんですよ。 当時は650元相当だったが、今では500元相当しかありません。

 店員さんに聞くと、サイズが不揃いになり、大手デパートから降ろした余りもの商品として売っているので、クリアランスセールをすることになったそうです。 このコートは大きいサイズしかなかったので、セールしました。

 こんな高級品でもこんなに安売りする日があるんだ!迷わず買いました。

 北京に戻っても、お得した感じを拭いきれませんでした。 そこで、燕莎、国貿、東方新天地、西単大悦城などのデパートに行ってみると、一番安いカシミヤのコートは、ショートでも1枚2,500元もするので、いい掘り出し物を見つけたと感激しそうになりました。

 しかし、15万円ものが1万円だけで手に入れたこのカシミヤのコートは、一度も着たことがなく、今もクローゼットにかかったままです。 こんな高級品を外に着ていく機会やシーンが見つからないからです。

 香港のセントラルや王府井セントラル、東京の銀座を歩いていた時のように、私はショーウィンドウを眺めて楽しむだけで、いくら時間がかかっても、その高級デパートで売っているようなものを買おうとしない、買う金がない、決して買うことができないのです。

 もしかしたら、私は香港セントラルや東京銀座には相応しくなく、王府井百貨大楼デパートに相応しい庶民の運命に決まっているかもしれません。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page