top of page

【7月25日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 厚い雲に覆われ、オレンジ色に空が色濃く染まり、雲越しに朝日。

 北京、晴れ、最高気温33度、最低気温22度、大気質予報指数39、大気質良好。

 昨日、久しぶりに王府井通りを偶然にも再訪しました。 上海人が南京路に行かないように、北京人も王府井に行くことはめったにありません。

 私は生まれた時から北京の西北部に住んでいます。 普段は目の前の北太平庄百貨店で買い物をし、綿入れの冬のコートなどを買い求める時だけ新街口百貨店に行っていました。 ベッドシーツやカバー、ピローケースなど、常備品に近いものを買いたい時は西単百貨店に行くぐらい。 王府井の百貨大楼デパートは、私の心の中のシンボルマークでしかなく、ごく偶に行くことがあっても、ショーウインドーを観て歩くだけで、何かを買おうとすることはまずありません。

 学校を出て最初に配属されたのは、王府井通りの道路を挟んだ東長安街6号でした。 この通りには銀行があり、当時は人民銀行と呼ばれ、後に工商銀行と改名されました。 初めて給料をもらったとき、そこに口座を開き、初めて個人口座を持つ市民になりました。

 それでも、王府井百貨大楼デパートに行こうとすることはほとんどなかったのです。 何も買わないので、どんなショッピングセンターだってさほど魅力には感じませんでした。

1986年10月、私は隣国からの教育視察団をアテンドしました。 そのひとつの視察先が、王府井通りでした。 私はこの通りに入る前に、お客様に「王府井は、あなたたちの国、東京で言えば銀座に相当する場所です」と胸を張って伝えました。

 当時、王府井には一本の道路しかなく、すれ違いギリギリ狭い道路幅しかなかったが、多くの上京者で混雑はしていました。その時代、中国の人々はようやく自由に国内移動できるようになり、全国各地から首都に足を運ぶようになったのです。

 外国のお客様をお連れして王府井通りを歩き、百貨大楼デパートのビルに入ったあの日のことを、いまでもぼんやりと覚えています。 1階のお菓子売り場は、特別功労者である販売員の張秉貴さんの「手柄神話」を見に来た人たちで賑わっていました。 ミックスキャンディを250g分持ってくるように頼むと、彼はミックスキャンディを一回で片手で掴んで、計ってみるといつもちょうど250gの量という話です。

 10月の北京は、まだ残暑が残っていて、とても暑いです。 デパートにはエアコンがなく、秋が深まるとともに唯一の扇風機も回らなくなりました。 混雑したフロアには、汗や煙草の匂い、そして風呂にほとんど入らない人体の不快な臭いが充満していました。 しぼんで息ができなくなり、外国人客に謝るのが精いっぱいでした。 しかし、外国人客は「これだけ買い物をしているのだから、国民は楽しく過ごしているのではないか」と丁寧に教えてくれました。

 その1年後に日本に留学した時、最初の日曜日に、その1年前に王府井通りを訪れた大家さんのZさんに連れられて、東京の銀座4丁目に行きました。 広い道路で、6車線はあったかな? 道路には10階建て以上の商業ビルが立ち並び、高島屋、和光、松屋、三越などの百貨店が軒を連ねていました。 この日は銀座全体が車両通行止めとなり、歩行者天国となった日でした。通りには椅子や傘が並び、バッグを持ってアフタヌーンティーを楽しむ人々で溢れていました。Zさんが私に「ここが銀座だよ」とささやいました。

 そう、「王府井は銀座に匹敵する」という私の紹介に深く傷ついたに違いないでしょう、でも、当時の私が口では「はい」と答えながら、20歳にして「いずれ王府井は銀座のようになる!」と心底には不服そうに思っていました。

 現在、王府井通りは銀座と同じくらい広く、百貨大楼デパートと東安市場をはじめ、王府中環、燕莎モール、東方新天地など多くの商業ビルが建ち並んでいます。

 百貨大楼デパートに入ると、中は改装され、当時のお菓子売り場はとっくになくなり、張秉貴さんの物語話は記念館になっています。 その代わりに、ディオール、ランコム、SKなど、北京のどこの高級百貨店にでもあるような高級ブランド化粧品のカウンターがあり、おしゃれで可愛い店員さんたちが親切に上品な女性たちのメイクアップを手伝っています。 モール内は冷暖房完備で明るく、綺麗で広々とした店内、豪ジャスな雰囲気が漂っています。 エスカレーターと展望エレベーターのセットで、お客さまを楽に昇降させ、利便性と明るさを提供します。 使われなくなった茶色の大理石の階段だけが、まるで何百万人もの人に踏みつけられたことを物語るかのように、静かに横たわっていました。

 突然、「Tシャツを見ないんですか」と声をかけられました。 もうすぐ秋なので、割引もはじまったよ、チェック柄のTシャツ1500元一着は、半額の750元でいいですよ、と言われました。

 デパートは華やかで豪華な高級商業ビルに改装されましたが、店員の叫び声はあいかわらずなれなれしい北京弁で、とても親しげに聞こえました。 しかし、私は買い物をするつもりはなかったので、彼女にありがとうとうなずき、立ち止まることはありませんでした。 「お客様、XLの大きいサイズもありますが、サイズを上げても値段は上がりませんよ。」 私は立ち止まり、体をひねって彼女を見つめました。マスクをつけても似合う、彫りの深い美しい顔立ちです。「太ってるよ、サイズアップする必要があるんだよ、」とでも言いたいか?おいおい、誰のことを言ってんだよ? もちろん、ただ心の中ではつぶやき、絶対に口に出すことなく、そう思いながら黙って後ろを向いて去っていた......


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page