top of page

【7月22日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 オレンジ色の朝がすみ、白雲を色とりどりのマントに映し出す。

 北京、晴れ、最高気温32度、最低気温23度、大気質予報指数53、大気良好。

 昨日の黄海の向こうのニュースは大きな反響を呼んだ。BYDが電気自動車を日本に輸出、しかも一度に3モデルも。

 BYDの発売ラインアップだけから判断すると、BYDは単なるブランドプロモーションではなく、日本での自社製電気自動車の販売にしっかりと取り組んでいるようです。

 ご存知のように、日本と韓国の国内自動車市場は、世界で最も保守的な自動車市場です。 海外ブランドの自動車は、メルセデス・ベンツ、BMW、ベントレー、マセラティ、ポルシェなどの高級ブランドを除くと、ほとんどの場合、人気ブランドの日本市場への参入がほとんど拒否されます。

 また、日本では、たとえメルセデス・ベンツやBMWに乗っていても、違う目で見られることがあります。 これは、ヤクザや暴力団などの過激派組織の幹部がメルセデス・ベンツやBMWを愛用していることが多く、こうしたヨーロッパの高級モデルが犯罪容疑者や反社会勢力の象徴となっているためです。

 したがって、日本や韓国では、ローカルブランドの車しか求められず、消費者は認知的・概念的な観点から海外ブランドに対する拒否感で静かに満たされています。

 以前、一汽紅旗は日本市場に進出しましたが、その時の紅旗の動きは、ブランド向上のセンセーショナルな効果を狙ったものでしょうか。だって、その後はもう赤旗の話を聞くこともなかったし、何台売れたとか?とも聞こえなくなります。しかし、今回のBYDの動きは違う。 100年以上にわたって自動車を開発・製造してきた歴史を持つ日本市場に参入するという象徴的な意義は並大抵ではないが、BYDは実際に自動車を販売できるようになりたいようです。

 では、BYDは、販売チャンネルのネットワークなど、いくつもの深刻な課題に直面することになるのでしょうか。 直販か代理店か? あとは、充電やバッテリ交換などの問題ですね。 日本では当面、対応するメーカーがないと思います。 また、アフターサービスは、現地のディーラーと協力したほうがいいのでしょうか? それともBYDの独壇場となるのでしょうか?

 一番肝心なことは、日本は自動車電池の主要製造国でありながら、ハイブリッド電源や水素燃料電池の開発・実践に専念し、電気自動車に対する需要や受容が市場にどれだけあるのか?

 BYDはこれらの一連の問題をしっかり考えていると信じたい、これは中国ブランドの日本進出だから、ナショナリズム的に雲の偉業だと中国メディアのように騒ぐのではなく、冷静にしっかりと対策を持ってほしい。

 BYDの電気自動車が日本市場で徐々に受容され、日本の一般消費者にも受け入れられることを期待します。



www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:8回0件のコメント

Kommentare


bottom of page