top of page

【7月19日 おはよう, 北京】

更新日:2022年7月20日

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 夜明け、色とりどりの雲、青い空。

 北京、晴れ、最高気温35度、最低気温20度、大気質予報指数34、大気質良好。

 昨日の夕方、幸せな気分で「夏の輝き」と「厦門」の2組の9枚組写真を続けて投稿しました。 勉強して考えて書かなければならないのに、数枚の写真とは比べものにならないほど楽しい「おはよう北京」よりも、「いいね!」の数が多いとは思いもしませんでした。 特に「厦門」では、夏の厦門の街でつまずいたとき、多くの友人が「煙たい」街と「暑苦しい」素っ裸の人々を好んでいることに気づかされました。

 人は身の回りのシンプルなことが好きだと思うので、明日、あなたと私がするかもしれないことについて、話を進めましょう。

 そういえば、南東海岸から北京に戻った後、コロナアプリにポップアップウィンドウが表示されました。 町内会の居民委員会に報告に行くと、「データがまだ届いていない」と言われました。 では、私のデータはどこにあるのでしょうか?

 しかし、私の戸籍は北京の北太平庄街道にあり、実際には中関村街道に住んでいることが判明しました。 だから、仮に中関村街道に報告が間に合ったとしても、本来なら北太平庄街道に真っ先に報告すべきところを、無駄足になってしまいました。

 北太平庄街道に報告するにはどうしたらいいですか?そこの知り合いはいないし、連絡先もない。 途方に暮れ、普段はあまり気にしない電話のメッセージを無意識に「確認」してしまったのです。 突然、しつこく2回かけていた不在着信を発見!? 見慣れない電話だったので、「プールジムの件ですが」と言われるのではと心配になりました。 とか、「家の賃貸や売却をお考えですか?」とか。 賃貸や売却した場合、どこに住むことになるのでしょうか? だから、知らない番号の電話に答えなかった。 もしかして、この人がポップアップの話をしてた人かな?

 電話すると、相手は南方なまりで、「こんにちは、地域の予防接種ラインです、どうされましたか?」

 あわてて自己紹介をすると、相手は私が行ったことのある杭州の山手地区や銭塘地区、厦門の海滄区や思明区を調べて、「感染症やハイリスクな地域に行ったことがないのに、なぜポップアップウィンドウが表示されたのですか?」と戸惑いながら聞いてきたのです。

 私の戸籍所在地の防疫ホットラインは、すぐに現在住んでいる地域に関連情報を伝え、できるだけ早くポップアップウィンドウを解除してもらうことにしました。

 私は、住んでいるところの町内会に当たる居民委員会に飛んで行き、自分で申告して結果を待ちました。 バタバタとした確認の後、居民委員会オフィサーが顔をしかめる。"あなたは感染地域や高リスクの地域に行ったことがないのに、なぜポップアップが表示されるのですか "と。私に尋ねた、勘弁してよ、誰に尋ねよ?

 「30分後にポップアップウィンドウが解除されます!」 実は、私は右手を胸に当て、ZFが私を殺さず、寛大であったことに感謝し、居民委員会オフィサーに頭を下げたのだが、居民委員会オフィサーは私を面白そうに見ていました。

 帰宅後30分もしないうちにコロナアプリのQRコードが緑色になり、PCR検査も0日になっていたので、解放されました。

 早速、会社のみんなに伝えたら、明日から会社に行けそうです 私にとっては、この上なく幸せなことなのです。

 ふと、会社の若者たちにとっては、私が会社に行くのは嬉しくないかもしれない、と思ったんです。私がいないから、1週間ものんびり遅刻早退したり、昼休みに机の上に伏せて寝たりしているんですよ!? 私がオフィスに座り、皆を威張り散らしていたら、誰が喜ぶだろう? カラスはみんな黒いということを、身をもって知ったのでしょう(笑)。 でも、働かなければ、何を食べ、何を飲めばいいのでしょう。 そうでしょう......?


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page