top of page

【7月16日 おはよう, 北京】

更新日:2022年7月20日

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


橙色に輝く夜明けの光が大地にこぼれ、街の東側の輪郭を緋色に染めている。

北京、晴れ、最高気温31度、最低気温23度、大気質予報指数34、大気質良好。

新エネルギー自動車流通システム構築のための1週間近い交流を終え、昨日アモイから北京に戻った。

北京のコロナアプリで北京で4日間PCR検査をしていないことが表示され、飛行機の中でかなり不安になっていたのです。 72時間の制限を超え、北京のT3から締め出されるのでしょうか?

無事に着陸した後、空港の外に出るには、体温検査を受けるだけで、もうチェックはないのです。

問題は、タクシーでも公共交通機関の首都空港線でも、北京のコロナアプリをスキャンする必要があることです。 通常、タクシーに乗ると、運転手さんは乗客に北京コロナアプリを再度スキャンするように要求します。これは、タクシー会社にも感染者を載せているか否か、将来、万が一、疫病追跡調査が必要な状況が発生した場合の根拠とするためです。 タクシーの運転手さんに迷惑をかけないように、スーツケースを担いで首都空港線の電車で帰ることにしました。

しかし、e-ticketには「健康コード異常」と表示されたままで、改札を通ることができなかったのです。

額と背骨に汗がにじんできました。どうすればいいんだ? ホームのスタッフに聞きに行くと、「どちらからいらっしゃいましたか?」「 厦門」、「飛行機に乗る前に現地の健康QRコードはあるか?」福建省の健康コードを見せましたが、厦門に着いた日に厦門北駅でPCR検査をしたところ、福建省の健康コードでは2日有効と表示されました。 「アモイ以外に行ったことのある場所はあるか?」と聞かれ、「杭州」だと答えたら、それなら浙江省の健康QRコードも見せてくれと言われました。 さて、杭州東駅に着いてからPCR検査をしたところ、浙江省の健康コードでは3日有効です、両地の健康コードでは緑と表示されました。 そこで、手動レーンに案内され、首都空港線に入りました。

10号線に乗り換えるために三元橋に着いたとき、また不安になりました。 空港線は各地のコロナアプリをチェックできるのは、始発駅が空港で、海外から北京に来る人が多いからでしょう。地下鉄10号線は都内の普通の地下鉄ですが、地方のコロナアプリまでチェックしてくれるのでしょうか?

結局、ある制服を着ているちょっと格好いい駅員さんは「地方のコロナアプリを持つ人はここを通ってください!」と繰り返し大声でアナウンスしていました。経験を生かして地方のコロナアプリの緑のQRコードを見せ、手動の改札を無事通らせてくれました。

住んでいる団地に戻ろうとしたとき、また心配の恐れがありました。 出張に行く前までにない横断幕が団地入口に現れ、厳格な検査と厳格なセキュリティをするようにと大きな看板を掲示していました、彼らは外国人地方のコロナアプリの緑のQRコードを見ていきます? そうでなければ、私は家に帰れるのでしょうか?

不安+恐怖+心配+焦り=奇跡だ!実はちょうど家族が外出先から車で戻り、私はその隙に車に乗り込みました。 車庫入れの際も、ドライバー1人でスキャンして健康QRコードを提示するだけなので、無事に帰宅することができました。

シャワーを浴びて、エアコンを吹かして、冷たいスイカを食べた後、ふと思った。これだけテクノロジーが発達し、インターネットが普及しているのだから、全国のPCR検査報告を統一して、48時間または72時間の検査報告で、全国の人がどこに行っても安心して生活や仕事ができるようにしてはどうだろう。

17の政府省庁が共同で、新エネルギー車の全国的な自由流通市場の構築のために、あらゆる種類の地域保護主義に反対する文書を発表されました。 予防接種の分野では、なぜ保健規約が標準化されないのでしょうか。 これは、クルマの流通よりもずっと広い範囲の人たちのことですよね。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page