top of page

【7月15日 おはよう, 北京】

更新日:2022年7月20日

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 色とりどりの雲、朝日、猛暑、これが厦門です。

 北京、晴れ、最高気温35度、最低気温23度、大気質予報指数29、空気質良好。

 アモイ、曇り、最高気温34度、最低気温27度、大気質予報指数48、空気質良好。

 昨日は、200人近い自動車ディーラーの友人たちと、有利な政策状況から現在の販売状況、代理店モデルと直販モデルのそれぞれの長所と短所、そして新勢力の自動車製造企業がなぜ直販モデルを選択するのかについて意見交換をしました。 新エネルギー自動車がもたらす生活への変化から、ディーラーがどのように課題に向き合い、新たな生き残りの道を模索していくべきかについて話を伺いました。

 気がついたら2時間もしゃべっていて、汗だくになっていました。 車を買うだけで、売ったことのない私にとって、経験豊富な大勢のディーラーを前にして、車を売ることの見通しを語ることは、一種の釈迦に説法的なものでした。

 最後に、2022年中国ディーラー会議での沈進軍会長のスピーチを引用して、講演を締めくくりました。

 「ディーラーが新エネルギー車産業のサプライチェーンのレイアウトに完全に統合し、新エネルギー車の販売とサービスの新しいモデルを作るために、トレンドに合わせて変化する必要があります。 より広範な共通の利益を基盤とした、新しいタイプのメーカー関係を構築する必要がある。 現在、製品、技術、市場の需要は変化しており、さまざまな販売モデルを模索するために、チャネルも変化することが予想されます。 今後のチャネル構築はブランドごとに異なり、多様なビジネスモデルやモードを通じてのみ、さまざまなユーザーの消費ニーズに対応できると考えています。 したがって、メーカーやディーラーは包括的な考え方を持って共に市場に向かい、自動車ブランドメーカーやその他の産業チェーン関係者と協力して、流通効率やサービス体験の向上に役立つ新しい多様なチャネル構築のモデルを模索する必要があるのです。」

 セミナー後、多くのディーラー仲間が私とWeChatを交換し、その後、「われらディーラーは現在メーカーとジョイントベンチャーを立ち上げて、一緒に販売や輸出をしている」と、必死に利害を結びつけながら模索している現状を教えてくれました。

 人は同じ心を共有している! 新エネルギー車の流通システム構築の模索で、コンセンサスが得られつつあるように思いました。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page