top of page

【10月7日 おはよう, 北京】

更新日:2022年10月8日

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 朝日が山や丘に広がり、丘陵や森や村を赤く染めていく。

 北京、晴れ、最高気温19度、最低気温1度、大気質予報指数57、大気良好。

 昨日、車で2時間半かけて密雲県新城子鎮大樹窪村の南梁に行きました。標高820メートル、わずか10数世帯の小さな自然村である南梁。

 正直なところ、山に入ってからの農家は、ほとんどが石やセメントでできており、いたるところに薪の煙突があり、多くの家の煙突からまだうっすらと煙が上がっている状態です。 違いは、住宅の屋根に太陽熱温水器やテレビのアンテナを設置するケースが増えたことです。 しかし、空き家が増え、雑草が生い茂り、秋風に折られた荒涼とした中庭が残されています。

 大樹窪村は霧霊西峰と呼ばれる山間の谷間に点在する6つの小さな村に分かれ、128世帯300人が暮らすのみです。

 1972年、大樹窪村から密雲平原への道路が開通し、1975年にはついに6村すべてが密雲平原にアクセスできる道路が完成しました。

 2010年頃までは、代々この地に住む人々は、日の出とともに働き、日の入りとともに休んでいました。 山の作物に頼り、柿やサンザシを売って家計を支えていたのです。

 しかし、朝日や夕日が美しいだけでなく、山や森など、絵になる風景が広がっていました。 そのため、ロッジが開発され、都会から遠く離れた観光客が訪れるようになったのです。

 訪れた人は、「ここは雲や星に触れることができる場所だ」と感慨にふけっています。 また、世の中の喧騒から離れた楽園だとも言われています。 職場の熾烈な競争を忘れられる場所であり、心身は楽に横になれることです。

 南梁は古い家屋をスタイリッシュな新しいロッジに改造しただけで、村の曲がりくねった道や千鳥足の住居は変わっていません。

 10月に入り、南梁の気温は都会より5〜7度低いが、丘には花が咲き乱れ、サンザシが梢に重く垂れ下がっています。

 ここの空気は、花や草や落ち葉の香り、トウモロコシや薪の香り、料理の煙の香りなど、最もほめられたもので、久しぶりに故郷に戻ったような、甘いシロップのような温かさを感じることができます。

 連休最終日、B&Bは充電所のようなもので、ここで得たエネルギーを来年、花が咲く頃まで持ちこたえたい。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page